RECOMMEND *

花王「ソフィーナ プリマヴィスタ」の石原さとみが究極にキュートなので要チェック!

谷 洋二郎  2013年3月3日

最高な石原さとみ!

これは、むしろ男性のツボを付いているのではないだろうか?

女優の石原さとみが、新たに花王「ソフィーナ プリマヴィスタ」のイメージキャラクターとして起用され、テレビCMにも登場したのが、その中でも「下地で差がつく-5歳肌」編のCMが素晴らしかったので今回は記事にした。

何が素晴らしかったというと、CM内の「汗ばむ春の、プリマヴィスタ」のコピーに、石原さとみがぴったり過ぎたということだ。
今回は、CM内の画像を取り上げ、なぜ、石原さとみが「汗ばむ春の、プリマヴィスタ」にぴったりなのかを解説していく。

石原さとみの天真爛漫さと健康美が、汗を美しくする

汗ばむ石原さとみがカワイイ!

汗ばむ女性がキレイだなーとか、美しいなーと思う男性のフェチと言えば、学生の時に、汗かきながら、めいっぱい頑張っている女性生徒にキュンとした男性も多いのではないだろうか。

けど、社会人で、汗が似合う女性っていうのは、あまりいない気がする。

やはり、汗と美が結びつく場合は…

・健康的であること
・汗が似合うぐらいのストイック性
・純粋でまっすぐなオーラ

こういった要素が必要になってくるだろう。

いろいろ見えないことが多い高校生ぐらいの真面目な感じが、汗は似合う。
ポカリスエットのCMのヒロインなんかがそうだろう。

やはり、純粋性の象徴としては、やはり黒髪であることも重要な気がする。
チャラさを見せた時点で、せっかくの「汗」の透明度が下がってしまうから。

そんなキャストとしてぴったりなのが、石原さとみだったという訳だ。

スポンサードリンク

化粧が濃い目で、火照った顔の石原さとみが超キュート!

石原さとみの真骨頂

今回の化粧はちょっと濃い目。
それでいて、快晴の中、動き回って、少し火照った石原さとみが超カワイイ。

高校の頃、女子生徒のカワイイ子たちが、早めに化粧に手を出した時って、ちょっと濃い目に見えて、でも、高校生の男らには、それはそれで可愛くて。

そんな化粧しながら、体育なんかして、終わったあとに、教室で少し汗ばんでたりするのが、可愛かったりって感じに似てる。

CMで石原さとみが来ている服が白ベースというのも、制服のベーシックなブラウスっぽいし、白は純粋性を表現するのには一番いい色だし、石原さとみの威力に畳み掛けている感じがする。

白というのは、女性の美貌をそのまま表現するために、シンプルでっていう構想だと思うが、石原さとみのような女性の場合は、「シンプルを着こなす」っていうか、「ただの白」を、ラグジュアリー感溢れるアクセサリーのように、着飾るから、凄い女性だなとつくづく感じる。

やっぱ、そんな視点で見ていくと…

石原さとみのCMは男のフェチ感溢れる!

このCMって、男の作家さんが作ったんじゃないかと思う。
男性から見る美しさと女性から見る美しさは違うからな。
そう考えると、このCMって本当に良いかって分からなくなってくるな…

クライアントが考えるターゲットユーザに響かずに、俺なんかに響いてしまっているってことないだろうか。
俺は、おネエじゃないから、女性の化粧品買わないし…
結局、女性の化粧品のCMって男の目に留まっても意味ないと思うな…

もし、敢えて男性にCMを見せて、恋人である男性が、女性にプリマヴィスタを推めるという導線を狙っているんなら、今の「草食男子時代」に、そんなこという男の割合も、昔に比べて減っちゃうだろうし。

まぁ、石原さとみのマッチ感はハンパないんで、CM動画をぜひ!
石原さとみ 「下地で差がつく-5歳肌」編こちらから

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動