RECOMMEND *

フェイスブックは本当に使える?井の蛙ブランディングな松尾知枝

谷 洋二郎  2012年5月4日

松尾知枝 プロフィール画像

妙なイベント、フェイブックフォーラムから、彼女を紐解いていこう!

フェイスブックフォーラム2012 サイト画面

先日、フェイスブックで、奇妙なイベントに招待され、モチロン「不参加」ですが、ちょっと面白い分析が出来たので、記事にしてみました。

「facebook フォーラム 2012」というイベントです。耳にしたことがある方も居るかと思います。
ここに、講師の一人として、合コン総研アナリスト、今ではタレントとして大活躍している「松尾知枝」さんが居たんですね。

さぁ、ここから、彼女を分析して、「真の部分」を探っていきます。

facebookフォーラム曰く、松尾さんは、フェイスブックで大旋風を起こしているそうですが、皆さんどうですかね?

フェイブックフォーラム2012 サイト画面02

ということで、フェイブックで大旋風を起こしているらしいですが、皆様の目に触れるレベルまで情報が降りてきますか?
まず、「何を以て」大旋風なんでしょうか?

まぁ、つべこべ言わずに、先を見ていきましょう。

おお!確かに居た!ちなみに、松尾の上は、キャメレオン竹田(笑)

facebookフォーラム 松尾知枝プロフィール詳細

うん。確かに講師で紹介されてます。

ところで、サイトの本文には、「彼女たちの独自で華麗かつしたたかなfacebook戦略があった」とありますが、タレントさんに、そんな紹介していいんでしょうかね。

松尾さん自身、こういった文章をチェック出来てないこと自体、戦略がないような気がしますが…

スポンサードリンク

ってことで、松尾知枝オフィシャルブログをチェックしてみた。

松尾知枝アメブロオフィシャルブログ

フェイスブックは、あくまでも、「友達」・「フィード購読者」に対する情報配信なので、そりゃ「良い反応」は貰えます。
コメントも付きやすいのです。

そこで、松尾知枝さんの本当の求心力、ブランドパワー並びにタレントパワーを見るには、一般向けに情報を開示している「オフィシャルブログ」を見ると、一発で分かります。

ってことで、見てみましょう!面白い結果が(笑)

おお!フェイスブックフォーラムのことも書いてますね…

松尾知枝フェイスブックについて書くアメブロ画面

ここでは、フェイブックフォーラムの記事を例に上げました。
ちなみに、「反応」は、どの記事もあまり変わらないので、例としては、1つで充分です。

では、本当に次が真実です。衝撃的な…

フェイスブックで大旋風で、テレビも出ての、本も出してーの、コメント数すごいんだろうなーと思ってると…

松尾知枝さんアメブロコメント画面

なんと、驚くなかれ!コメントはたったの1件。

え?フェイスブックで瞬時に「300いいね!」集めるんでしょ?
その300人って、ブログまで来て、コメントはしてくれないんですね。
それじゃあ、本当のファンを獲得したって言えないですよ。

そんな方が語る「facebook フォーラム2012」は、参加費、VIP席(22,000円)だそうです。
値段はさておき、ここに参加する、参加者のセンスを含め、問われる部分ですね。

セミナー然り、参加するときに、主催者のブランドパワー、ノウハウを分析する力がないと、どちらにしろ、ソーシャルメディアは使いこなせません。
なぜかって、ソーシャルですから、「人の反応」に敏感なことが何より大切です。

で、その松尾知枝さんは、メディア露出に対して、「人の反応」を得られてない訳ですから、使いこなせてないのです。

あ、ただ、テレビでも拝見しましたが、凄くガッツのある印象の良い方でした。
だからこそ、モッタイナイ!

自分もそうですが、フェイスブックは、「配信したこと」に対する「反応率」が「あまりにも良い」ので、かなり人気者になった気分になります。
「井の中の蛙」感にならないように、他のメディアにも、参入し、客観性を身につけることが大切です。

ちなみに、充分に、フェイブックはブランディングに活用できると思います。ただ、「痛く」ならないように…

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動