RECOMMEND *

固執する人の3つの性格と改善方法

谷 洋二郎  2016年5月15日

2016-035-00

何かに固執する人ってあなたの周りにもいませんか?何でそんなに固執するの?

固執する人は、一つのことに拘りやすく、その拘りの呪縛がなかなか解けない人のことです。

逆に拘りがなければ、あらゆる物事に固執することがなくなります。

そこで、今回は固執する人の3つの性格について言及し、最後に、固執癖の改善方法について説明していきたいと思います。

1、完璧主義

2016-035-01

完璧主義が危ないのは、全ての物事に対して完璧でないと、自分のマインドが揺さぶられる点です。

例えば、ぐっすりと眠りれて、朝、髪に寝癖が出来ていたときに「自分の求めているヘアスタイルじゃない!」と大きな失望したりはしませんよね?

TPO関係なく、完璧を求めている人は、ある意味、精神が崩壊しています。余裕がありません。だから、四六時中、固執していまいます。固執モードに入ることが本当の自分だというアイデンティティに陥っているかもしれません。

2、他者過剰比較

2016-035-02

他人と自分を過剰に比較する人は、常に自分のポジショニングの唯一性を実感できていないとイライラしてしまうために、あらゆる事に固執してしまう可能性があります。

多くの人は、あくまでも一般人ですし、どの側面をフォーカスするかによって、主人公は常に変わります。

他者のフィールドで他者の自由な切り口で、他者の見栄えの良くなるように整えられた情報にとことん敏感になる人は、心の余裕を作ることができません。心に余裕がり、あらゆる物事に対して程よく分散してフォーカスできるからこそ、固執という鼓動がなくなるのです。

3、自己肯定不足

2016-035-03

人が固執する時、それは、今の自分の埋め合わせ作業を必死に行っていると言えます。自己否定は、今の自分をひとまず、否定するというぐらいに使うのがベストです。

今の自分が否定されたからと言って、未来の自分の可能性が無くっている訳ではありません。

でも、自己肯定が不足し過ぎると、とりあえず、どんな方法でもいいから、自己肯定出来る素材に紛れ、それを感じたいという思いが起こってしまいます。

スポンサードリンク

解決策は自分自身のTPOで過ごすスキルを高めること

2016-035-04

固執してしまう人は、TPOを楽しむスキルに欠けています。
TPOを楽しむスキルに長けている人は、訪れるTPOがすべて想定外だっとしても、それをハプニングと捉え、出会う人々に対して立ち振る舞いを褒めてもらうことができます。

固執という行為は、自己防衛、自己正当化のための行動を取ってしまうことに繋がるため、自分よがりの行動ばかりになり、相手に嫌われ、さらに物事に対して固執してしまう性格を作ります。

いい意味で、自分と相手に興味を持たないこと。
相手に興味や好意があっても、自分にも興味や好意があること。
それでいて、自分のことは「どうでもいい」というスイッチを持っておくこと。

完璧じゃない自分も結構素敵ですよ。
そうなれば、四六時中自分を愛することができます。
本気で自分を愛することができれば、他人に自分への愛を求めたりしません。

固執というのは、不満足が過ぎる人の壁のようなものです。
だからこそ、本当の幸せを追求することで、自分や他人へ固執しなくなり、毎日ラクに過ごせることができるようになります。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動