RECOMMEND *

「しくじり先生」が超面白い!神回頻出の番組の構造とは?

谷 洋二郎  2014年12月1日

20141201-01

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』は特番の成功から始まった

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』という番組は、栄光や頂点を勝ち取った後に、多くの「しくじり」を経験し、落ちていく過程を、反面教師として、オモシロ教科書と同時に、タレントである生徒たちへ授業していくという番組です。

まずは、過去に「しくじり先生」として登場したタレントやスポーツ選手を一部挙げていきましょう。

・パンクブーブー
・大林素子
・池谷幸雄
・藤井リナ
・オリエンタルラジオ
・ジャルジャル
・元木大介

この並びを見ると、未だテレビで見かけるタレントやスポーツ選手であることが分かりますね。
一見、しくじっていないメンツに見えるはずです。

ただし、この方々、いわゆる「王道」や「スター街道」に乗り損ねたり、「常識人」を踏み外した方々なのです。

そして、なぜ、「王道」「スター街道」「常識人」に成り得なかったのかを解説していきます。
その失敗例をもとに、格言や名言が、教えとして飛び出すんです。

授業は、教科書とともに、進行し、その教科書の作りがシンプルで面白いんです。

また、しくじり先生の授業を聞く生徒としてレギュラーになっているのは…

・若林正恭
・吉村崇
・澤部佑
・菊地亜美

というメンバー。

彼らはタレント業界を生きる上で、絶対に安心感を抱えていないのが特徴です。
だからこそ、将来を怖がるリアクションがリアルに伝わってきます。

番組は「先生対生徒」の構図で、番組を進行するのは、授業を行う先生です。
その進行と平行線で見守っているのが若林です。
若林が絶対的なセーフティーネットになっているために、吉村や澤部や菊池が無邪気な生徒のように騒げるんですね。

可哀想でもなく、嫌味すぎもせず、心地よい笑いを届けてくれる

『しくじり先生』で先生として呼ばれるゲストは、業界で飯が食えなくなった方々ではありません。
どちらかとえば、ピークを過ぎ、安定期に入った方々です。
ピークの過ごし方をミスって、しくじった安定期に入った方々と言った方が正しいでしょう。

もし、『しくじり先生』が大成功したにも関わらず、失敗して、転落した人を扱っていたらどうでしょうか?
転落し過ぎて、テレビでも見かけない。『あの人は今』でしか見かけないような人々。
その場合は、不幸ボケが痛すぎてボケとして成立しないはずです。

人の失敗談というのはとても面白いですね。
その人がそれなりに上手くいっていて、本音で冗談としてさらけ出している時、こちらも本気で笑うことができます。

しくじり先生と生徒の関係がお互いに業界内で現役でやり合っている関係だからこそ、先生も生徒に熱弁を振るうし、生徒のリアクションを加熱し、それを見ている視聴者が楽しめるんです。

ガチをジョークで切り取っていますが、本質はひたすらガチなんですね。

スポンサードリンク

リアルを利用した教室内授業トークコント

『しくじり先生』には、トークバラエティとコントの二面性があります。
教室のセットの中、制服を着た生徒がゲストで登場する先生の授業を聞く。
これは、ある意味、バリバリにコントの要素を含んだ番組設計です。

ただし、話す内容はリアル。リアル失敗談。
本格的な教科書もあり、タレントの歴史を振り返る。

コントの設定の中で行うトークバラエティは、内容としてコアである「先生の授業」を立体的にオモシロくしてくれています。

既に記憶に残る名作と言える

価値観が多様化し、それだけ多くのジャンルのコアに入り込む人々が増えると、全員の共通認識で爆発的な笑いを起こすことはとても難しくなります。

大御所がまとめる番組に国民が注目し、それが翌日の国民全員の共通の話題となる。
そんなことを起こせなくなってしまった時代になっているような気がします。

でも、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』のように、全部の要素がフィットしている番組を見ていると嬉しくなりますね。
これがいつまで続くのか分かりませんが、今のところは非常に毎回オモシロく見ています。

もし、すぐに終わったとしても、番組として瞬発的な面白さを届けてくれたということは、私たち視聴者の記憶に残ると思います。

今後現れるさまざなしくじり先生に期待です!
じくじり先生といっても、社会的に見たら、大成功を収めた方々なんですけどね。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動