RECOMMEND *

夏を心地よく過ごすためのガールズK-POP神曲10選

谷 洋二郎  2015年7月24日

20150723-00

画像は소녀시대(Girls’ Generation) | Facebookより

夏のガールズK-POPのラインナップはこれで決まり!

夏を心地よく過ごすためのガールズK-POPを選曲しました。
私はガールズK-POPを毎日欠かさず聴き、仕事ではK-POPに関するコラム執筆もしています。

そんな私が夏のガールズK-POP神ベスト10を独断で選びました。
そのプレイリストが以下になります。

1、Apink 「Remember」
2、Girl’s Day 「Hug Me Once」
3、4Minute 「Is It Poppin’?」
4、HYUNA 「Bubble Pop!」
5、Sistar19 「Ma Boy」
6、KARA 「サンキュー サマーラブ」
7、Lee Hyori 「U-Go-Girl」
8、Sistar 「So Cool」
9、G.NA 「2HOT」
10、Brown Eyed Girls 「One Summer Night」

この並びで1つでも知らない曲があるとすれば、ぜひ、視聴してみて下さい。
夏という季節1つにしても、様々な表情があり、その表情が組み合わさって、儚くも大切な思い出になっていきます。

では、楽曲の魅力について説明していきましょう。

1、Apink 「Remember」

20150723-01

画像はA Pink Official Webより

今回選んだ10曲の中では最新曲。
オルゴール朝のイントロから、夏の海の中にいるようような電子音が流れ、イメージは夏の早朝。

夏を彩るトップバッターならこの曲。
健康美溢れるMVとは対照的に曲は少し切ない感じが残るギャップも素敵です。

2、Girl’s Day 「Hug Me Once」

20150723-02

画像はGirl’s Day 日本公式サイトより

元気でキュートで分かりやすい楽曲。
メロディも衣装もキュート。

大学生の恋、キャンパスラブのようなほどよい青春の匂いがする楽曲。
MVもデートをイメージされて作られており、夏のポジティブな胸キュンを味わえます。

3、4Minute 「Is It Poppin’?」

20150723-03

画像は4Minute | UNIVERSAL MUSIC JAPANより

切なくみずみずしく、でもポジティブに。
潤いのある夏の一曲。

電話の数字を押す音から始まるイントロが印象的。
夏の涼しさ、夏の夕暮れ、夏の小休符。
夏の静的な魅力を感じられる一曲。

暑さの中で思いっきり夏を感じた夕方に聴くと、絶対に心にしみます。

4、HYUNA 「Bubble Pop!」

20150723-04

画像はHyunA | Facebookより

セクシーなアッパーチューン。
テンポが良くチアリーディングに合いそうな元気な曲。
アメリカのスクールモノのドラマで流れてそうなイメージ。

動きの激しいMVは必見です。
ドライブで気分がアゲアゲになるはずです。

5、Sistar19 「Ma Boy」

20150723-05

画像はSistar (씨스타) | Facebookより

当時19歳とは思えないほどの成熟した楽曲。
大人らしさもありながら、19歳の若々しさも表現されいて、オンリーワンな楽曲。

ピアノの音が分かりやすく、とにかく聴いていて心地良い。
サビのヒョリンの力強さが尽き抜けていて、ラップのボラのリズム感もピアノの良さをさらに引き立てています。

6、KARA 「サンキュー サマーラブ」

20150723-06

画像はKARA JAPAN OFFICIAL FANCLUBより

コテコテの夏のアイドルソング。
夏の季語を絡めた優しさ溢れる歌詞に活発で爽やかなビート感のある楽曲。

活発さと清廉性が抜群で、好感度の高く、KARAらしい一曲に。

7、Lee Hyori 「U-Go-Girl」

20150723-07

画像はLee Hyori | Facebookより

大人の余裕を感じるイ・ヒョリの
韓国での彼女は、日本で言う「安室奈美恵」に近い存在。

同性である女性への応援歌として大ヒット。
ヒップホップビートに基盤を置いた独特のスタイルのダンス曲。
ラップ(rap)とソング(song)の中間ぐらいに位置しているハツラツとした導入部に続き、イ・ヒョリ特有の鼻音が魅力的なリフレーンが耳に入ってくる。

転調が多く、舞台音楽のようでもあり、曲としては分かりやすく聞きやすい。

2008年07月18日に発売されたアルバムに収録されている楽曲という古さを気にさせないクオリティ。

8、Sistar 「So Cool」

20150723-08

画像はSistar (씨스타) | Facebookより

一歩間違えばバブル期のグラブミュージック。
MVのSistarの衣装もバブル。

しかし、Sistarのパフォーマンスがあるからこそ、ハイクオリティで時代に左右されずに成立する楽曲に仕上がっています。

Aメロからサビまでがキャッチ―で、飽きずに何度も聴けるのが魅力。

9、G.NA 「2HOT」

20150723-09

画像はG.NA Facebook Pageより

疾走感があるダンスナンバー。
裏の音が分かりやすく、手拍子など入れて、乗りやすい。

ピアノの音の清涼感も耳に心地良く残って、まさに夏にぴったり。
G.NAの勝負を仕掛けているような表情もひと夏の熱さを際立てています。

10、Brown Eyed Girls 「One Summer Night」

20150723-10

画像はG.NA Facebook Pageより

MVの舞台はなんと逗子。
たった1度切りの夏の思い出が残された過去の日記。
その日記を友人がこっそりと手に取り、友人がイメージする夏の回想が展開される。

シャッフル調のバラード。
波の音を聞いているような心地良さがあり、夏のエンディングを飾るにはピッタリの楽曲。

楽曲は思い出を彩ってくれる

以上、夏を心地よく過ごすためのガールズK-POP神曲10選を独断でご紹介してきました。

あなたの夏にぴったりな曲が1曲はあるはずです。
良い音楽は、その瞬間を彩り、季節を印象付け、あなたにとってかけがえのない存在になるはずです。

全体的に質の高いK-POPは、夏の思い出の質までを上げてくれるはずです。
ぜひ、この夏も良い音楽と出会って、大切な時間を色濃く刻んでいきましょう。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動