RECOMMEND *

転職で企業が未経験歓迎を行う理由

谷 洋二郎  2018年2月9日

2018-026-00

未経験者は企業にとって原石である

極論なのですが、例えば、芸能界の「国民的美少女コンテスト」なんかは、芸能界未経験者を大歓迎して、採用していますよね。芸能事務所が原石を見つけ、育てることのメリットがあるように、企業も未経験者を採用することのメリットがあるわけです。

実際に、求人情報大手のエン・ジャパンによる転職サイトでは、中途採用の「未経験歓迎」を掲げる案件の割合は2017年7月時点で全体の71%に及んでいます。3年前の2014年には、未経験者歓迎が53%だったため、比べて大幅に伸びました。

未経験者の採用はサービス職や営業職だけでなく、システムエンジニアや研究開発でも怒っています。食品や化学の研究開発職については61%の企業が未経験者を募集。この数字は3年前の2014年の3倍以上になります。

システムやツールが高度化すれば、未経験の分野でも成長速度が速くなります。そうなると、結局、経験値ではなく、資質が問われる時代になってくる

完結に言えば、上記のようなことなんですが、細かく挙げれば、転職で企業が未経験歓迎を行う理由は、以下の8つを挙げることができます。

・マニュアル通りにこなせばできる仕事だから
・教育体制が整備され、逆に未経験の方が有難いから
・離職率が高く一定期間の雇用を想定しているから
・業績好調で、積極的に増員したいから
・人物重視・社風に合う人材を採用をしたいから
・異職種・異業種の経験を自社でも生かして欲しいから
・未経験でもキャリハイになり得る仕事内容だから
・多様化・激化の時代は現状よりも即時対応が問われるから

企業の状態や制度にも拠ります。もちろん、自分が入りたい企業が「即戦力のみ」を募集しているケースもあります。ただ、その「即戦力=経験値」を意味するかは、企業によっても異なるわけです。

それでは、転職で企業が未経験歓迎を行う理由を1つずつ解説していきたいと思います。

理由1、マニュアル通りにこなせばできる仕事だから

企業の運用体制がしっかり整っていれば、未経験でも構いません。企業側からすれば、「未経験だからこそ、マニュアルに従順。転職としても程よい賃金を提示できる」というメリットがあります。

性格面で「素直さ」や「細やかさ」というのは、未経験転職で大きなメリットになります。雑な人は起業した方がドカーンと成功しますよ(笑)

理由2、教育体制が整備され、逆に未経験の方が有難いから

企業は企業で働く人間としてのプロを育てたいと感じています。教育体制が整備されてれば、むしろ、未経験の人間を受け入れたいわけです。経験を積み過ぎると、過去の知識やスキルが邪魔をして、教育したことを吸収してくれないリスクがあるからです。

理由3、離職率が高く一定期間の雇用を想定しているから

そもそも離職率が高い企業は、どんどん転職希望者を受け入れて使いまわすような運営をしています。なので、未経験者もすぐに採用してくれます。短期間の研修で土台が出来上がり、完成されたマニュアルでやりこなせれば、ある程度結果が出るような仕事になっている可能性があります。

理由4、業績好調で、積極的に増員したいから

業績が好調で、未経験者をきちんと受け入れる余裕のある企業というケースもあります。企業の理想形というのは、「誰を雇っても、企業の中で活躍する人材を育てる」ということです。なので、良い企業ほど、多くの未経験者をごっそりと採用します。

興味のある業界で業績が好調ば企業を選ぶと、意外と未経験者を歓迎している可能性があります。

理由5、人物重視・社風に合う人材を採用をしたいから

企業が求める人材は能力第一とは限りません。人物重視だったり、社風に合う人材だったり、コミュニケーション能力があったり、逆にコミュニケーション能力がなかったりと、千差万別です。

人物重視・社風に合う人材を採用をしたがるケースでは、「未経験」は評価配点が小さい要素になります。

理由6、異職種・異業種の経験を自社でも生かして欲しいから

新進気鋭の柔軟性のある企業は「新しい風」や「今の会社にない能力」を好んで採用するケースがあります。その場合、そもそも、未経験者でも、その業界じゃない、求められる職種じゃないことをしてきたことが、凄く大きな強みになります。

理由7、未経験でもキャリハイになり得る仕事内容だから

キャリアハイとは、今までの経歴の中で最高の実績を意味します。あなたのこれまでやってきたことや人間性やマインドなどと職種内容を鑑みて、可能性がさらに引き出せそうだと感じたら、未経験でも採用するでしょう。

むしろ、他社が才能に気付かず発掘していなかったことを有難く思うでしょう。

理由8、多様化・激化の時代は現状よりも即時対応が問われるから

時代は、情報化・複雑化・多様化・高度化・高速化・急激化で、ぐるぐる巡り過ぎてます。もはや社会人の実務経験なんてアテにならない時代なんです。

そうなると、働いてくれる人間の価値観や考え、社風とのマッチング、そういった観点が大事になってきます。

結果、未経験者だからといって、会社におって、何も問題ないという考えに至るわけです。

最後に:未経験を実のある魅経験に見せていこう!

エン転職が利用者に「経験の職種に転職したことがある人に、新しい職種への転職活動を進める際、あるいは実際に仕事に臨む上でやっておいて良かったこと」というアンケートでは、

<未経験者がやるべきこと>
自分のできること、得意なことを整理すること 35%
スキルや知識、資格を身につけること 33%
自分で可能性を狭めすぎないこと 30%
やりたいことを明確にしておくこと 30%
新しい職種に関する基礎知識を学ぶこと 24%
今の職種の業務内容で活かせることを整理すること 20%
※8801人が回答

という結果になっています。ここで注目したいのが「今の職種の業務内容で活かせることを整理すること」というものです。あなたが働いた場所で培った力は必ず、別の場所でも生きる何かがあります。それを上手く表現することが未経験転職の鍵と言えます。

自分には魅力があると、胸をはりましょう。そして、これから、自分がまだまだ素直に成長できることを企業の人に伝えれば、未経験でもキラキラ輝いた転職が実現できることでしょう。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動