RECOMMEND *

会社の正しい辞め時、それは辞めたいと思た今というタイミング

谷 洋二郎  2018年5月24日

2018-078-00

会社とは辞めるものである:退職の美学

会社を辞めようと思った時に、罪悪感に似たような感情が湧いてきていませんか?日本というのは、あるコミュニティに対する従属が強いため、そのコミュニティから離れることをすごく悪のように捉える雰囲気があります。

会社を辞める際は、去っていくものに対して「負け犬感」を刷り込む雰囲気もあります。

そうしたことから、どうしても現状にしがみつく美学が出来上がってしまい、会社を辞めるタイミングを見失っている方も多いように感じます。

会社の正しい辞め時があるとすれば、

自分の素質や本質が活かされないと完全に悟ったタイミング

です。これが理想のタイミングです。

そもそもなぜ会社を辞める人生があるのか?:退職の理由

2018-078-01

人は成長するからです。成長すると、感覚点が増え、しかも、敏感になります。すると、気づきが増えます。今まで良しとしてきたものが良くなくなります。それは決して傲慢になったわけじゃありません。でも、その変化に罪悪感を覚える方は非常に多いです。

大丈夫です。日本の会社の多くは残ることに罪悪感を持つほどの賃金を与えていません

逆に言えば、今の会社を一時的に離れて、次の職の決定までに猶予の時間を確保できるなら、いつだって辞め時です(笑)

会社を辞めることで圧迫されないことが会社を辞めるコツ:退職のセンス

2018-078-02

よく「仕事は人生の大部分」なんて言ってくる輩がいますが、人生の大部分は本来主体的であるべきです。だから、別に仕事じゃなくてもいいんです。けれども私たちは世の中のシステムや常識にすごく縛られますよね。親がそうだと、なおさら、自分を小さく枠で捉えざるを得ないなんてなるかもしれません。

仕事の辞めどきを見極めるための4つの指標:退職の決断

2018-078-03

仕事を辞める際に重要なのが、「すべての余裕を確保してもなおその仕事をやるかどうか」です。仕事でなくても、「その企業にいるか」で置き換えても構いません。本来仕事とは、自分がより主体的に取り組めるべきものであるべきなんです。

<退職の決断>
・得意なことよりも苦手な仕事ばかりがある
・昇進するのが不可能に思える
・同僚に足を引っ張られている
・仕事での学びがない

この4つが積み重なれば、完全に辞め時です。辞めるべきタイミングなんですが、先ほども「余裕」を前提にしたように、心や経済の余裕がなければ、既存のワークスタイルに縛られるだけになってしまいます。

要は辞め時とは、過ごした場所が通過儀礼になるタイミング

なんです。通過儀礼と思えるってことは、通過してより高いステージへ行くべきなんです。でも、切ない事に、通過しようとする際、通過される側は、あなたの通貨を失敗のように見下します。だから、辞めることが躊躇されるわけです。

線で人生を捉えて下さい。1年後、3年後、5年後、これはどんな会社に所属している方にも言えますが、未来は所属先を変えれば、めちゃくちゃ大きく変えれます。自分なんか、自分で会社を作って、自分で所属先を作ってますからね(笑)専業主婦になりたいとかぬるま湯を求めていた奴ですら、然るべきタイミングで辞めて、今は主体的に仕事できる環境を手に入れてます。

新卒の仕事辞めるタイミング

2018-078-04

新卒の場合は、危機管理能力が高まった時がベストだと感じています。だだし、セカンドキャリアを跳ね上げるためには、「潜る期間」が必要なケースがあります。貯金が不足している場合は、貯金額がキャリアを築く必要投資額に達するまで会社は辞めれないかもしれません。

思い切って実家に帰って、専門性を再度ブラッシュアップするなんて、超センスがある行為です。親が理解してくれるんであれば、もう、あなたは成功を手にしたようなものです。まぁ、多くの親が賛同してくれないかもしれません(笑)

だって、新卒で初めて社会を生身で知って、自分が本当にやりたい人生の中における仕事論を組み立てることができるわけです。新卒で辞めたいって思いをエネルギーに変え、そこで専門性を高めるためにいったん勉強や鍛錬の時期に走るのは、どうみてもセンス◎なわけです。

でも、多くの人が「負けた人間」だと思い、社会復帰を恐れる「逃げの行為」と思うかもしれません。でも、それは多くの人ができないからです。実はあなたはめちゃくちゃ攻めていて、しかも、他の人がその攻めをしてないからこそ、成功のポテンシャルがめちゃくちゃ高まることを肝に銘じて下さい。

最後に:仕事辞めるという逃げは最大の攻めである

2018-078-05

辞めることが逃げること。うーん、メイド・イン・ジャパンです(笑)もう、辞めたいと思っていて、その流れを全否定してくるんであれば、俺があらゆるスキルを使ってあなたを全肯定してみせます。

辞めるって、エネルギーを動かすことで、そのエネルギーが別の方向性へ行くことで、めちゃくちゃイイことなんです。よく俺が他人から言われることを、最後に辞めるべきタイミングで悩んでいる方に添えたいと思います。

「君って過ごした環境を使いまわすよね!」

いや、自分は使いまわしているつもりはなくて、これは辞めた後に絶対に過去よりも成功なゾーンへ達しているからです。辞めた方からすれば、いいとこどりした気分になるらしいです(笑)でも、辞めたその瞬間は「君はこれから人生落ちていくやろうから哀れやね」という含みを喰らってましたよ。

これからも成功を重ねていくつもりですが、一度社会人としての成功体験が腑に落ちると、彼らの悪口は、彼らの余裕のなさだと思えるようになります。今回は、退職して、転職へのマインドを築く記事なのですが、自分自身は、もう誰でも全員、一度は、独り身でフリーランスで稼ぐ経験をして欲しいとすら思ってます。

マジで楽しいし、いろんなことが見えてきますから。逆を言えば、今の会社で見ている姿なんて、ほんの小さな本質とも呼べない姿だったりするんです。だから、がんがん辞めていいんですよ。終身雇用制なんて崩壊しますし、自分の思ったタイミングでがんがん辞めていいいと思ってます。

悩んでいる方の人生に幸があるように願っています!

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動