RECOMMEND *

知らないと損!「女性の恋愛相談役=彼氏になりやすい」5つの解説

谷 洋二郎  2014年12月1日

2014120102-01

片想いの女性の恋愛相談をしていたら、いつの間にか彼氏に…

恋愛相談をしていた相手と付き合うことになったという男性。
皆さんの周りにも、一人ぐらいはいませんか?

相談していた相手は、別の男性が好きなはずだったのに、最終的には相談役と付き合った。

まるでドラマのようですよね。
おそらく恋愛に関する原理を知らなければ、相談役からの成り上がりを偶然だと捉える人がほとんどだと思います。

しかし、恋愛の原則から言えば、恋愛相談役というのは非常に彼氏になりやすい好機なんです。
特に、あなたが好きになった女性がもう別の男性のことを好きになっている場合、高確率で逆転劇を起こすには、相談役を買って出るのが一番の方法になります。

女性は誰かを好きになっている場合、あなたのことに目もくれません。
もちろん、目もくれないという程度は、女性によって個人差があります。

というよりは、恋愛の価値観そのものにある程度、女性によって価値観があります。

・その女性がどういう基準で男性を選ぶのか?
・その女性がどういう過程で付き合っていくのか?
・その女性がどれぐらいの交流で男性との距離感を縮めていくのか?
・その女性が男性から絶対にされたらいけないことは?

など、恋愛は、単純な女性論では片付けられません。
それは、その女性が過ごしてきた生活環境の歴史が価値観を作っているからです。

さて、ここでピンと来ませんか?

恋愛相談役になれば、上記のその女性の個別の恋愛観をすべて聞くことができますよ。
しかも、恋愛相談役という名目があるため、あらゆる質問をスムーズに聞くことができます。

「恋愛相談役=片想いの屈辱」だと思っている方は、今日から考えを改めましょう。
「恋愛相談役=大いなるチャンス」なのです。

それでは、なぜ、女性の恋愛相談役になると、その女性を落としやすくなるのか、理由を解説し、ノウハウを提示していこうと思います。

1.警戒心をまったく持たれない

2014120102-02

恋愛相談役になれば、好きな女性からの警戒心がまったくなくなります。

モテない男性でやってしまいがちなのが、「早く男性と見られたい」という欲求から、二人きりで会うことを焦ったり、距離が縮まっていない段階で誘ったりするということです。

もちろん、あなたは男性として見られるかもしれません。
ただし、次のステップには進めません。

女性は、男性が思っている以上に警戒心を抱く生き物です。
誰とでもイケる女性というのも、もちろん存在します。
その女性は、一般的な女性よりも警戒心が極端に低いのです。

でも、男性が思っている以上に、女性は男性に警戒していると意識して動くだけで、恋愛のモテ度はアップします。
恋愛相談役という看板を背負えば、最初はあなたをヘタに男性と意識しなくなります。

最初の入りは、何も意識されずに会えるぐらいがちょうど良いのです。
初めから意識し合って会えるのなら、その恋はほぼ成功しますし、ここで解説する必要はありません。

外見を強みにモテる男性も、外見という分かりやすい魅力を持っているため、その魅力だけでデートを素早く勝ち取ることができます。

外見の魅力がない場合は、あなたは自分を男と意識させずに、会うぐらいがベストなのです。
会って時間を費やさないと、性格などの魅力は伝わりませんから。

2.手軽に会う口実を作れる

2014120102-03

警戒心を取り除くために必要なことは、女性との距離感を詰めることです。
どうすれば女性の距離感を詰められるかというと…

・自分が本音で話す
・相手に本音を話させる

の二つです。

恋愛相談というのは、話題そのものがガチです。
本音で話さざるを得ません。

お互いが本音で話せるようになれば、あなたに対する警戒心はなくなります。

さらには、恋愛相談役というのは、「最近調子どう?近況語りにお茶でもどう?」という誘いだけで一発で女性に会うことができます。

警戒心の持ちようがないんですね。

スポンサードリンク

3.相手を恋に落とすパターンが浮き彫りになる

2014120102-04

恋愛相談をするときに、過去の恋愛遍歴を聞くことは必須です。

・その女性がどんなときに男性と付き合いたいと思うのか?
・過去の彼氏はどういうふうな過程を経て付き合ったのか?
・逆にどんな男性の告白なら断るのか?
・同時に二人の男性を魅力的に想うことがあるか?

挙げるとキリがありませんね。

特に過去の恋愛は、その女性が男性と付き合うときのパターンを暴き出すことができるでしょう。

付き合っている人数がある程度いれば、共通項も見えてきます。

女性によっては、自分から分かりやすい正解を出してくる人もいます。

例えば、彼氏がいない女性に「でも、冬だと人肌恋しくならない?」という質問を投げると、「誰かにギュってして欲しいと思うことがある」という答えが返ってきたとします。

「誰かにギュってして欲しいと思うことがある」という時点で、自分のひと肌恋しさを埋めたいという想いが強いことが分かります。

そうなれば、自分が完全にその男性にとってストライクではなくても、清潔感があり、その女性が本気で心を許せるというゾーンまでいけまで、その女性と付き合うことは可能ですね。

というより、先に泊まるというフェーズに行くことができるのが分かるはずです。

その女性の情報一つ一つを集めると、その女性ならではの方程式なるものに辿り着くはずです。

4.その女性に好きな人がいたら、好きな人のことは絶対に否定しない

2014120102-05

恋愛相談でやってはいけないことの1つに、「その女性が好きになった男性を否定する」というのがあります。

男性によっては「俺だったら、そんな男よりも、絶対良い」というアピールをする人がいますが、絶対にNGです。

なぜなら、その女性が好きになった男性を否定することは、その女性自身を否定することに繋がるからです。

女性によっては、「恋愛=自分自身」だと考えています。
女性のアイデンティティのガラスを割ってしまっては、どうしようもないのです。

5.やがて時は熟す

2014120102-06

女性に好きな男性がいない段階の相談役なら、状況が整った段階で動き始めるでしょう。

もし、女性に好きな男性がいる場合は、一度、その女性が恋に破れるか、諦める必要があります。

そして、恋愛に対してフラットな状態になったときに、一番の男性として一気にあなたが浮上します。
その時点で、あなたを男性として見るようになる場合もあります。

女性によっては、同時に二人の男性を比べたりします。
その点は、前述したとおり、女性の恋愛遍歴を本音トークすることで、洗い出せるはずです。

相手に好きな男性が居ても、逆転できるが、普通の男性は時間が掛かる

2014120102-07

社会的地位、名声、外見的魅力がなければ、さくっと、逆転することはできません。
むしろ、普通に立ち向かったところで相手にされない訳です。

それが、恋愛相談役という立場で入り込めば、普通の男性であっても、彼氏になりうるわけです。

ただし、基本的には時間が掛かるということだけは頭に入れましょう。
時間が掛からない場合もありますよ。

それは、恋愛相談で相手のパターンをしっかり聞きだせば、分かります。

「恋は焦らず」という名言がありますね。
焦らなければ、余裕が出ます。
あなたに余裕が出れば、相手にゆとりが生まれます。
すると、お互いに本音が生まれます。
相手が、恋愛に対して本音で喋ってしまえば、「あたしはこうしたら手に入る」と言ってるようなものです。

見えた課題に即して、なるべく焦らないように、ゆっくりやって下さい。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動