RECOMMEND *

大人の恋愛が成就する7つの恋愛名言【女性編】

谷 洋二郎  2014年10月30日

大人の恋愛を成就させよう

7つ恋愛名言で、あなたの恋は幸運に!

星の数ほど多くある恋愛名言から、実際に恋を成就するほどのエネルギーがある名言を集めました。
名言だけでなく、恋愛術・恋愛テクニックを含めた解説も行いました。

大人の恋したい、結婚したい女性には必見の内容になっています。
7つの名言にしたのは、ラッキー7にあやかりました。
内容的にも多くを取り込まずに、男性と上手くいくようになっているかと思います。

では、名言をさっそくみていきましょう。

1、「理解し合うためにはお互い似ていなくてはならない。 しかし愛し合うためには少しばかり違っていなくてはならない。」

恋愛名言その2

1900年代のフランスの詩人・劇作家ポール ジェラルディの名言。
価値観が似ていなければ、様々な場面でお互いは食い違ってしまいます。
すると、一緒にいることが心地よくなくなります。
ただし、まったく同じ価値観であると、刺激がなく、落ち着いた関係になってしまいます。

このことを意識していれば、出会ったころは、理解しがたいことも、そのまま受け入れることができれば、男性はあなたといることが心地よくなります。
その我慢があれば、男性からのアプローチは増えるでしょう。出会いが無駄になることはなくなるでしょう。

そして、次の段階で、相手が普段しないことを、一緒にやってみましょう。
相手がしたくないと思っていたことを、一緒にやってみましょう。
そこで、楽しいと感じさせることができれば、恋愛は成就するでしょう。

2、「愛する――それはお互いに見つめ合うことではなく、 いっしょに同じ方向を見つめることである。」

恋愛名言その2

『星の王子様』『夜間飛行』などの著者であるフランスの作家、操縦士アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名言。

お互いに「今」を見つめ合うことは簡単です。
恋愛において、女性が男性に「今、この瞬間」をフォーカスさせることは簡単なです。
男性は単純な生き物ですから、1日の恋はすぐに手に入れることができます。

しかし、恋愛を成就させるには、男性の目を未来に向かせることです。
あなたのイメージした未来へ男性の目を未来に向かせるのです。
そうなれば、いっしょに同じ方向を見つめたことになります。

一夜限りの恋はずが、一生の幸せを手に入れることができる男女がいます。
それは、一夜で、お互いが今でなく未来をいっしょに見つめるように変化したからです。

恋愛成就が上手い女性は、男性の今の感情を揺さぶりながら、いつの間にか、未来を見つめさせるというテクニックを持っています。
最初から「同じ方向を見つめられる人」を探すのではなく、一緒に同じ方向を見つめられるようにさせる技術を身に付ければ、あなたはどんな男性も「イケメン」にすることができるでしょう。

3、「私たちは完璧な愛を創る代わりに、完璧な恋人を探そうとして、時を無駄にしている。」

恋愛名言その3

アメリカンの作家トム・ロビンズの名言。
恋愛や結婚ができない女性の多くは、「完璧な恋人を探している」傾向にあります。
そもそも恋愛経験が極端に少ないと、「完璧な恋人などこの世にいない」という現実感を喰らったことがないからです。

女性は年齢を重ねてくると、キャリアアップ、プライベートでも様々なスキルを身に付けていきます。
自分が成長した分、男性を見る目も厳しくなります。

完璧な恋人を探すことは、時間の無駄です。
時間は、恋愛をするうえで、もっとも大切な要素の一つです。

沢山の完璧じゃない男性と過ごすことが、より素敵な男性を手に入れる恋愛成就の秘訣です。
完璧じゃない男性がより素敵な男性に変化することもあります。

すべては、「完璧な恋人」探しを辞めるところから始まります。
それは妥協ということではありません。結果的に妥協にならないための許容です。
最初に許容すれば、最後に寄り添えるのは、素敵な男性になっているものなのです。

4、「愛というのは、どんどん自分を磨いていくことなんだよ。」

恋愛名言その4

『I LOVE YOU』などで有名なシンガーソングライター尾崎豊の名言。

自分を磨くことはモテるようになる一番の方法です。
狙った男性の価値観に沿って、女性としての自分を磨けば、その男性からモテるようになります。

そして、あなたが自分を磨けば、磨いた分、より磨きのかかった男性からモテるようになります。

付き合った後も、自分を磨く姿勢を見せながら、男性の尻を上手い具合に叩くことで、男性も自分を磨き続けてくれます。
お互いが過ごせば過ごすほど、素敵なカップルになっていきます。

自分勝手に磨くのではなく、男性の一般論に合わせて、磨いていくと、はっきりとモテるようになります。

スポンサードリンク

5、「10組のカップルがいたら10通りの恋愛があると思うやろ、それが違うんやなあ、10組のカップルがいたら20通りの恋愛があるんだよ。」

恋愛名言その5

お笑い芸人ダウンタウン松本人志の名言です。
男女でお互い付き合っていたとしても、付き合っている理由も、テンションも、ポリシーも、まったく同じということはありません。

「なんか違うな…」という感情は、抱いて当然です。
大切なのは、「なんか違うな…」に失望せずに、向かって、次へ活かすことです。

違和感に対して強くなれば、恋が楽しくなります。
恋が長続きします。恋が生き返ります。

違和感をスルーしたり、違和感があった時点で興ざめする女性は、ハイレベルな女性とは言えません。
違和感がそもそもあるということを知っているだけで、恋も婚活も取り組みやすく、自然体で居られますよ。

6、「ゲームのルールを知ることが大事だ。そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。」

恋愛名言その6

あのアインシュタインの名言です。
いかにもアインシュタインらしい言葉です。

男性は女性から見れば、「バカの一辺倒」と思えるくらい単純で分かり易い生き物です。
男性を落とすルールを知ることができれば、あとは、誰よりも上手にプレイすれば良いのです。

では、どのようにすれば、男性を落とすルールを知ることができるのでしょうか?
それは、男性から、過去の恋愛遍歴について聞き出すことです。

つまり、あなたは男性と「恋バナ」をすれば良いんです。
ある男性を好きになったら、しっかりしたデートを望まなくとも、カフェでお茶をしながら「恋バナ」をしてみましょう。

男性の基準が丸分かりです。
もし、あなたが男性のルール通りに、プレイすることができなかったり、身の回りにその男性のルールでは圧倒的に強いライバルがいるのであれば、諦めるしかありません。

自分があまりにルールに合っていないと、なんとかプレイに勝ったとしても、つらくて、つまらない未来に発展してしまいます。

あなたがルールに完全に合わせてまで手に入れたいと思うのであれば、突っ走ってみて下さい。
そして、未来に向けて、その男性のルールを徐々に変えさせ、あなたのルールと上手くやれるようなとこまでやってみて下さい。
そこまでやれば、あなたはその男性と楽しい恋愛を重ねることができるでしょう。

7、「男の幸せは「われ欲す」、女の幸せは「彼欲す」」

恋愛名言その7

ドイツの哲学ニーチェの言葉です。
女性に常に注目してほしいのは、男は「自己承認欲求」と表裏一体で生きているということです。

自己承認欲求が高ければ、男性には余裕ができます。
自己承認欲求が低ければ、男性には余裕がなくなります。

人に親切にできる、人に優しい男性は、自分に余裕があります。
人に当たる、人にキツイは、自分に余裕がないのです。

自分に「余裕がない=自己承認欲求が低い」となると、身近にある人を利用して、自己承認欲求を満たそうとします。

そして、あなたが女性として男性に心を振り向かせようとする際は、男性の自己承認欲求をコントロールするようにしましょう。

その男性が一番価値を置いていることは何か?
何があれば、その男性の自己承認欲求が満たされるのか?
何をされると、その男性の自己肯定感にキズが入るのか?

先ほどの「ゲームのルールを知ることが大事だ。そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。」と原理は同じです。

男は「自己承認欲求」と表裏一体で生きているからこそ、自己承認欲求に対する男性のルールを知ることは、とても重要になります。

以上、名言から大人の恋愛が成就するメソッドを説きました

最後に言っておきたいのは、あなたがもし、恋愛のモテるためのすべての要素を完全に満たしていなくても、あなたの恋愛は上手くいくということです。

よりちゃんと取り組めば、失敗する可能性は減っていきますが、ゼロか100かではありません。
また、出会った時点・付き合った時点で、男性が30点、50点でも、あなたが女性として工夫することで、70点、90点と、魅力は上がっていきます。

恋愛とは変動します。あなたのやることは、上手く変動させるだけです。
そして、今回の名言から読みと取った恋愛の考え方・テクニックは、大人の女性ほど使えるものになっているでしょう。

ぜひ、全員で良い恋をしましょう。
みんなが恋をすれば、国民の総支出が増えるので、日本の景気も良くなりますよ。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動