RECOMMEND *

【結婚医者】医者と結婚したいなら絶対に考慮すべきこと

谷 洋二郎  2015年7月10日

20150710-01

医者との結婚で女性に突きつけられる壁

医者と結婚すれば、幸せになれる。
医者との結婚に憧れる女性は経済的豊かさ=幸せという定義に囚われているように思えます。
さらには旦那が医者=女性としての成功というイメージを決めつけているようにも思えます。

年収ラボによれば平成26年の医師の平均年収は1,154万円となっています。
もし、女性自身が年収1,200万円以上を稼いでいるのであれば、おそらく医者との結婚に憧れを抱くことはないでしょう。

稼いでる男性ということであれば、医者より稼いでいるコアな職業はたくさんあります。
フリーランスで仕事をしている男性に目を向けると、驚くような出会いがあるかもしれません。

医者との結婚で大変とされることは、以下の5つが挙げられます。

1、権威主義的性格
2、浮気性
3、不安定な休日
4、孤独な子育て
5、一般的感覚からの乖離

これらをあなたは乗り越えなければなりません。
もしくは、上記の5つに当てはまらない(妻にとって)良い医者を探さなければなりません。

結婚して本当に幸せになれる医者を選定するには、医者の性格や仕事の事情をリサーチしておく必要があります。

では、医者の結婚で大変な上記の5つの要素について1つずつ説明していきましょう。

1、権威主義的性格

20150710-02

医者は権威主義的性格の人が多いようです。
医者のみにならず、専門職で閉鎖的なコミュニティに属する職業に就く男性は、この傾向が見受けられます。

接客:「医者=プロ」対「患者=素人」のように、医者は他の職業よりも世間一般からプロフェッショナルとして崇められている雰囲気があります。

命に関わる職業ですから、医者にその自負があることは素晴らしいことです。
ただ、その自負が権威主義的性格の根源でもあります。
これはごく自然な現象です。

医者の過去と現在の流れに注目しましょう。
着実に自尊心を積み上げた医者は、自然に刷り込まれるであろう権威主義と上手く接しているはずです。

ただし、医学生のことに、まったくモテずに、自分の能力には自信があるのに自尊心を高められずに、医者になった瞬間に女性や世間から一気に認められ、自己肯定に酔いしれることが快感になってしまった男性。

こういう男性は医者という看板に頼っており、その看板が外れることで余裕をなくすため、その看板を強く相手に示します。

2、浮気性

20150710-03

権威主義的性格は浮気性にも繋がります。
浮気性というのは、過去の女性に対する接触の満足度に由来します。

要は既に自分の人生で女性に対してお腹いっぱいであれば、一人の女性と向き合うことが絶対的価値になっていくからです。

まったくモテない時代を過ごし、それがトラウマのレベルまで達している男性は、女性への飢えがどんなに潤しても渇きません。
医者は女性看護師に囲まれて仕事を行いますし、女性との経験が少なく、女性との接触が特別だと感じる酔う名であれば、女性に対して理性を保てなくなり、異性としての刺激を取り入れたいと思うのも無理はありません。

女性だけの完全匿名コミュニティGIRL’S TALK(ガールズトーク)の医者に関するトークでは、『浮気する外科の先生は愛妻家』という発言もありました。

浮気は個人の性格によるところが大きいのは確かですが、その性格というのは、その医者の過去と現在の女性に対する経験、コンプレックスから作られます。だからこそ、医者と結婚したい女性は、医者の過去の女性関係や恋愛事情をリサーチすることで、良い医者を選ぶことができるのです。

3、不安定な休日

20150710-04

医者は当直などで数日間は帰宅しないこともあります。
当直とは、病院や診療所で、通常の診療時間外(主として夜間や休祝日等)に勤務すること。

自分の当番の日に、何かの急変で自分の力が必要な時に、病院に仕事をしに行く待機というものもあります。
待機時に呼ばれたら夜中でも急に呼び出されることがあります。

また、休みの日に泊まりがけで県外へ出張する学会もあります。

外科や産婦人科や整形外科は、手術自体が忙しく、それに加え、病棟の仕事、保険診断書の処理の業務に追われることになります。

仕事が忙しくなると、自分自身の精神が不安定になっていきます。

<勤務医>「うつ」12人に1人 休日「月4日以下」46%

日本医師会は、勤務医1万人を対象にした健康に関するアンケートで、勤務医の12人に1人が精神面の支援を要する「うつ状態」にあるとの分析結果をまとめた。休日や睡眠時間の少なさに加え、患者からのクレームなどの矢面に立たされることへのストレスが大きい…

2009年9月5日 毎日新聞

医者である旦那が仕事で頑張っている以上、妻もしっかり寄り添う必要があります。

相手が大人だったら精神的支えにはなってくれるかもしれません。でも基本的には仕事優先です。
それに耐えるだけの強さが必要だと思います。
私にはその強さがないため、何度泣いたかわかりません。旦那のことは大好きですが、あまりのつらさに何度も離婚や別居を考えています。
相手の職業は結婚する上で大事な要素です。

Yahoo!知恵袋 noche0911さん

医者との結婚は精神的なタフさが求められると言えるでしょう。

4、孤独な子育て

20150710-05

医者は仕事が多忙であるため、必然的に母の子育ての比重が大きくなります。
体調や精神が房ぶられやすい妊娠中は特につらいかもしれません。

自分も無理をできないのに旦那の協力も得られない
実家の協力を得るなどの対策が必要です。

初めて母になると、分からないことも多くあり、疲れやすくなります。
子どもという命を扱っていることのプレッシャーもあるでしょう。
しかし、それは医者である旦那さんが毎日仕事で感じているプレッシャーかもしれません。

専業主婦であれば、社会と断続された気分から不安になり、孤独と無力感を覚えます。
旦那のサポートを受けられないことは、孤独と無力感をさらに煽ることになりかねません。

やはり、精神的なタフさは必要になってくるでしょう。

5、一般的感覚からの乖離

20150710-06

医療の世界は、非常に閉鎖的でコミュニティです。
一般人の感覚からすれば、病院へ行くことは「特別」です。

異常事態があったときに行く場所が病院です。
体調が健康である限り、毎日通うところではありません。

歌舞伎役者が一般人の感覚とズレているのと同じです。

ただし、ズレは本人の努力や一緒に接する人間の関わり方で調整することが可能です。

医者でありながら、一般的な感覚にもきちんと対応できる男性は、良いパートナーであると言えるでしょう。

良い医者は若い頃の人脈が大切!?

20150710-07

以上、【結婚医者】医者と結婚したいなら絶対に考慮すべきことについて述べてきました。

最後にある一つの説をお届けします。

それは、いい男はだいたい学生や研修の時に相手を見つけてすぐに結婚するというものです。
なので、医者でいい男はなかなか世の中に流通しにくい。

もし、この説が本当であるとすれば、医者ではなく、医学部生に目を向けてみるのも良いかもしれません。

経済的な側面で医者を考慮しているのであれば、フリーランスで仕事している男性で医者より稼いでいる人はたくさん存在します。

より多くの視点で男性を探っていくことで、幸せな結婚を手に入れることができるでしょう。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動