RECOMMEND *

本当にいい男が選ぶ女とは【マルチタスクできる女】である

谷 洋二郎  2016年4月23日

2016-010-00

男性を救う女性のマルチタスク能力

イイ男が求める女性像の中で定番の一つが、女性の高いマルチタスク能力です。
世の中で言われるイイ男とは、社会的にも成功し、人間的にも成長している男性です。
そのような男性は、ある物事に向かって一直線に走っていきたいという想いを持っています。

男性はどちらかというと、シングルタスク型です。なので、とんでもないダメ男が生れるんです。
ダメ女という言い方をするとき、それはダメな男に引っ掛る女性のことを差しますよね。
女性自体が人間的にぶっ飛んでいるケースは、男性のそれに比べると少ないように思えます。

イイ男が良い環境でシングルタスクを行いたい。シングルタスクが上手く行けば、次のシングルタスクにスムーズに移行出来ますよね。移行できるシングルの数が、マルチな才能や多くの学びに繋がり、それが男としてのバランスにも繋がっていきます。

そんな男性のシングルタスクを支えるのが、女性のマルチタスク機能なのです。

良い男性ほど、女性のマルチタスクに感心と関心を寄せる

2016-010-01

社会的に成功している男性であれば、自分の立ち振る舞いを理解し、成功術をノウハウとして持っているので、自分のシングルタスクを支えてくれることが凄く有り難いことを身に染みて理解できるんです。

結局は凄くイイ男からモテる女性と、普通の男からモテる女性ってかなり違うんですよ。
凄くイイ男=イケメンではありませんよ。
凄くイイ男=イケメンとイメージしている時点で、自分は女性としてまだまだと思うようにしましょう。

普通の男は、マルチタスクに優れている女性を目にすると、自分が負けたように感じますから。
普通の男は、自分のプライドが傷ついたり、自分のプライドと対抗させたりします。
つまり、マルチタスクに優れている女性をライバルのように見なすんです。

男性は自尊心が高くなければ、相手の魅力を肯定的に受け入れることができません。
たとえ、普通のサラリーマンだとしても、女性の凄さを受け入れることができるのであれば、その男性の自尊心は凄く高いと言えます。向上心も持ち合わせていれば、給料の桁が増えることはないかもしれませんが、パートナーとしては女性を一生幸せにできるような男性で在り続けるでしょう。

どっちつかずの女性は痛々しい?

2016-010-02

マルチタスク能力が低い女性は、どっちつかずの迷える子羊である可能性が大きいでしょう。
最近は女性の社会進出は普通ですし、SNSの隆盛で自己承認欲求が煽られる時代です。
女性自身も男性的なプライドを帯び、「目立ちたい」と感じる傾向にあります。
これがいわゆる肉食化かもしれません。それに加えて、出来ない男性から見て、出来る女性はガツガツしているように映るのも、肉食という表現を女性に対して使う流れを生んだのかもしれません。

女性が「目立ちたい」「私が注目されたい」と思うのは良いことでしょう。
ただし、「我が強い」にも関わらず、マルチタスク能力が低く、どっちつかずでいろんなことに手を出して、上手くいかないままだと、これはかなりやっかいな女性になってしまいます。

自己承認欲求を満たしたいのに満たされない。でも、プライドだけは大きい。

自尊心が高い主婦は、旦那が主婦業を尊重する

2016-010-03

いろんなことをやるけれど、一つ一つに真摯に向き合えない。
そして、自分が目立ちたいという想いだけは変わらない。

マルチタスク能力が低い女性というのは、「自分のことを過大評価する」傾向にあります。
だから、脇役に向いてません。
ザ・マルチタスクと言えば、専業主婦がありますよね。

凄くイイ男は、仕事と向き合い、自分の心と向き合ってきているので、専業主婦をきちんとこなすことがいかに素敵なことかをイメージできます。専業主婦をプロとしてしっかりしてくれることに対して、きちんと評価し、評価に留まらず、その評価を形にするので、女性は専業主婦でも自尊心が高い状態で居続けることができます。

結果的に夫婦円満が続いていきます。

マルチタスクを男性に合わせて出し引きする

2016-010-04

めちゃくちゃイイ男と出会うような人脈をあまり持ち合わせていない女性で、マルチタスク能力が高すぎると、正直モテないかもしれません。
普通の男性が周りに多い環境の場合は、やはり、それなりの女性がモテます。

それはそれで面白くないですよね。
そんなときは、自分のマルチタスク能力を出し引きしましょう。
敢えて出来ない女性を演じることも大切です。

日常的に会える男性を光輝く存在に育てるという方法もある

良い男性ばかりが集まる人脈までたどり着くことをオススメしますが、普通の男性の中でも光る男性は存在します。
将来性のある男性を見つけて、あなたのマルチタスク能力でフツメンを底上げしていく人生も楽しいです。

アゲマンとして活躍して、イイ男性になれば、その男性はあなたの恩を一生忘れないでしょう。
調子に乗って忘れるケースもありますが、忘れさせないように仕向けるのも女の腕の見せ所です。

ぜひ、女性としてのマルチタスク能力を意識して動いてみて下さい。
自分よがりで自分のプライドを満たすために迷える子羊になって、自分から変な男性にズタズタにされようにして下さいね。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動