RECOMMEND *

カウンセリングで効果が出ないカウンセラーとは

谷 洋二郎  2018年5月6日

Woman talking with psychologist about the problems in the family.

カウンセリングによって逆に相談者を傷つけてしまう理由

カウンセリングは、悩みと向き合い、その悩みの本質を解決していくことが求められます。

もっと言えば、クライアントが気持ちよくなりながら、悩みの本質を解決していくことが求められます。

しかし、検索上のニーズを見てみると、カウンセリングに対しては以下のような意見が上がっています。

カウンセリング 意味がない
カウンセリング 無駄
カウンセリング お金の無駄
カウンセリング つらい
カウンセリング 辞めたい

カウンセラーは自分の人間味を相談者が自己開示しやすいように合わせるところから意識していかなければなりません。

そして、なるべく相談者が語る浅瀬で本質を掴み取ることも重要です。

コミュニケーションの中で、自然な自己否定を煽るようなことも避けなければなりません。

会う度に相談者の自己拡大を促し、終わった時には相談者の気持ちが晴れやかになり、エネルギーチャージに来るような感覚で通ってもらうことがベストです。

そのためには、かなり多くの技術が求められます。

カウンセラー自身が精神的余裕を積み上げた生活を送っておかなければ、相談者を不幸な存在と無意識的に見下し、そうした雰囲気を相談者は感じてしまい、カウンセリング疲れを起こしてしまうことだってあるわけです。

カウンセリングにおいて大切なコミュニケーションの手法

Listen to me. Worried male person sitting opposite his doctor and holding hands together while explaining his situation

カウンセリングは、攻めのコミュニケーションでも、守りのコミュニケーションでもありません。

フラットなコミュニケーションを繰り返しながら、相談者を自己開示する。

相談者がどんどん自己開示することが気持ち良くなっていく。

最終的には、カウンセラーが自己拡大を促し、相談者の自尊心は一気に高まる。

強固な信頼関係が完成し、実際の問題解決に対しての行動を取る一歩が完成する。

こういったフローが大切なのです。

不完全なカウンセラーは非常に多いです。逆に完全なカウンセラーになるには、カウンセラー一本だけでなく難しい気もします。

例えば、多くの分野において、インタビュー、アドバイス、コンサルティング、コーチングなどを行ってきたカウンセラーの方が、圧倒的にコミュニケーションでミスする可能性は低いと言えます。

カウンセラー自体の幸福度や自尊心の高さも大事です。カウンセラーがカウンセリングすることに精神的に依存していて、相談者の本質をそもそも見ようとしていないことすら有り得ます。

日本人気質と歴史的な遅れもある

Counseling session. Psychologist talking to patients. Addicted people having good time together on special group therapy. Toned concept.

日本人そのものがカウンセリングに向いていないかもしれないという視点も大切です。日本人はそもそも島国、恥の文化で、陰湿性があります。外向的に相手を褒めることよりも、相手や自分の粗を探すことが得意で、細やかなサービスが出来るのは、防衛反応としての結果とも言えます。

つまり、ポジティブに相手を捉え、細やかに相手を捉えるためには、カウンセラー自身の自尊心が非常に大切です。

「多様に反れること」に違和感を感じ、「右にならえ」に安心感を覚えるカウンセラーは、潜在的に大きな個性や独自性を否定し、嫌悪してしまう可能性があります。それが、カウンセリングを受ける人に空気感として伝染してしまうわけです。

日本においては、心理的なケアや治療という概念が一般化するのがアメリカやヨーロッパなどと比べて後れを取っています。

少しずつ自尊心を高めていくことが大切

2018-051-03

カウンセリングによって傷つくと、誰かに相談すること自体が億劫になってしまいますよね。なので、少しずつでもいいので、「なりたい自分像」を自己対話で洗い出し、本当に少しずつで良いので、その自分像に向かって行動を起こしてみて下さい。

その際に重要なのは小さなプロセスを褒めることです。本当に小さくて構いません。大事なのは結果ではなく、プロセスと向き合えた素敵なあなたなのです。新しい自己像を目指す時、新しく行う事への不慣れや未知がストレスや恐怖心を作るかもしれません。不慣れや未知への取り組みも乗り越えられるレベルから始めて構いません。

例えば、<コンビニでいつもより大きく「ありがとうございました」と言い、いつもより深くお辞儀する>みたいなことで良いのです。

出来る範囲から行動を起こし、成功体験によって慣れや既知増えると、自尊心が高まり、精神的余裕が生まれます。その精神的余裕こそが、自分と向き合える余白を作ります。

その余白が増えれば増えるほど、自分と向き合うのが上手になります。すると、カウンセラーなんて必要なくなっていきます。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動