RECOMMEND *

人の目が気になる心理、人の事が気になる理由

谷 洋二郎  2018年5月28日

2018-129-00

人の目が気になる心理とは?

人の目が気になる心理は「自分は他人の行動によって受ける心理的影響が非常に大きい」ということを意味しています。

自分の軸が弱く、自分を自分で着実に高めることに焦りや苛立ちがあり、自尊心が常に追いついていない状態

と言えます。自分の軸を固めながら、着実に自分を高めるって、すごく退屈なんですが、その「自分との内なる闘争」こそ、世界の中で確固たる自己を気づき、他者と自分とのバランスを取る力を蓄えてくれるんです。

自己闘争が欠如するから、防衛機制として、人の目から自分を確認しようとします。そして、ほっとできる素材を探索しているんです。

人の振り見ることで、精神安定剤を得ている

2018-129-01

他人は自分を知る1つの尺度でもあります。上手く使えば、「人の振り見て、我が振り直せ」といった処世術が取れます。しかし、この際も、普段から「自分との内なる闘争」をしていなければ、自分と他人を客観視できずに、都合よく拡大解釈してしまいます。

自己否定感を紛らわすために相手の悪いポイントばかりを無意識的に探したり、相手が社交辞令で言ったことを本気の賞賛だと受け止めたり、リアルだけでなくSNSまで、どんどん他人からの評価を精神安定剤にして、本当の自分と向き合うことから逸れていくんです。

人にどう思われているか気になる病気は過去に対する今の状況

2018-129-02

過去の経験で他人との競争・比較に対する強いトラウマを受けていたり、絶えず他人との競争・比較される環境に置かれたりすると、「人から何かを思われること」が1つの強い報酬と感じるようになっています。

なので、人から何も思われていいない状態に、大きな物足りなさを感じやすくなっている可能性があります。

そうやって、過去が蓄積した「人の目との関わり方」を気にならなくなるレベルまで達していない、現状の自尊心・自己肯定感・自己効力感が積み上がってないと言えます。

人の目が気になる人は常に返報性を示してくれることを求めている

2018-129-03

人の目を気にする人の中には、相手からの返報性を生きるアテにしている人がいます。返報性とは自分がやったことに対すして、相手も何かを返してくれるということです。

自分という存在を一人で楽しめない、自分を自分で信じられていないため、相手からの返報性が生きている実感になる

相手の返報性に過敏になるということは、相手の目を気にすることに繋がります。返報性は人間の本性的な心理で、相手を喜ばせたいという思いを持つのも自然なことですが、人の目が気になる人は、自分の安心感を買うために、人へ尽くし、返報性が目的になっています。

なので、尽くして返ってこない時に、いきなり怒ったり、相手に冷たくなり過ぎたりします。

人の目が気にならなくなる方法

2018-129-04

人の目を気にすることは、ベクトルを逃避ではなく昇華に変えれば、成功へのエネルギーとなります。

人の目が気になる気持ちを昇華させ、努力して成功体験を得る。昇華を続けると、余裕がどんどん広がり、成功体験の質も上がり、他人からの評価も高まる。高まった余裕と自尊心が、それだけで自己満足を与えやすくなり、他人の目を気にしなくなる。すると、さらに、自分自身が見えてきて、相手からの批判や指摘にも強くなり、むしろ、有難いと素直に思えるようになる。

これが人の目を使って幸せになる方法です。結局は、着実になりたい自分になるために成功体験を積み上げるしかないんです。

人の目を理解しながら、孤高を楽しめば、他人を引き寄せられる

自尊心の高まりには、きちんとした結果が必要になります。だから、ワガママなマイペースで自分の好きなタイミングで積み上がってはくれません。

一定の余裕や自尊心に達するまでは、自分や他人と着実に向き合うことが<強い忍耐力を要すること>と感じるかもしれません。

無理のないレベルからで構わないんです。一歩一歩、反らさずにいられる範囲から頑張って、徐々に広げていけばいいのです。

人の目を理解しながら、人の目はそんなに気にならない、自分の己を単独で満喫する、それが孤高です。孤高が楽しめれば、他人はそんなあなたにカリスマを感じたり、親しみやすさを覚えたりして、人付き合いも上手く運びますよ。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動