RECOMMEND *

筆者体験済み!激辛料理店で絶対にやってはいけないたった1つのこと

谷 洋二郎  2013年1月26日

激辛料理店は危ない!?

本当に気をつけて下さい!発端は、女性と激辛料理店へ行った時の事です…

美味しそうに、いいムードで食べていたのに…

私は、女性と激辛料理屋に行き、鍋を頼みました。
鍋自体が相当辛かったのですが、まぁ、その女性が激辛が好きでして…
その女性が「スパイスが欲しい」って言ったので、店員さんに「一味か七味ありますか?」と聞いたんですね。

すると、「ハバネロならあります」ってことで、ハバネロを持ってきてもらいました。
そして、そのハバネロは、醤油皿のようなモノに、ほんとに微量な砂粒のように入ってたんです。

で、私は、それを、手に取り、指でこすりながら、鍋全体に振りかけた訳です。
まぁ、料理するときに、胡椒を手に取って、フライパンに入れるような感じです。

もう、この時点で絶対にやっちゃいけないことの1つをやってるのですが…

それで、横に置いてあったティッシュで手を拭き、さっそく鍋を頂きました。
ハバネロが追加された鍋は、さらに辛くなって、それ自体は、ほんとに美味しくくて、食事は本当にいいムードでした。

会話をしながら、かゆかった目をこすったんです

目をこすってしまったんです(泣)

すると、こすった瞬間でした…
目全体から炎がでるかよのように、まぶたが熱くなり、目にピリピリとした痛みが走り出したのです!

そうです!手で振りけたハバネロが、手に残ったままだったんです!
私はやってしまいました!まるで出川哲朗のようなミスです!

目を動かすだけで痛くて、目が開けられないくらいになってしまいました。
じっとしていても、目頭がボーボーに熱もって、一緒に食事をしていた女性のテンションも一気に下がっている訳です。

で、これは、目の中にあるハバネロを拭き取らないといけない!
そう、思いテーブルにあったティッシュをとっさに取って、目を吹いたんです!

さっき、ハバネロを手で拭き取ったティッシュでした!

痛い、熱い、辛い!の三重苦!

そう!そのティッシュは、最初にハバネロをふりかけた後に、手で吹いたティッシュだったんです。
結果として、ハバネロを追加で、目の中に投入してしまいました!

もう、目の中の「痛さ」と「熱さ」と「スパイシーさ」といったら
篠原涼子の「愛しさ」と「切なさ」と「心強さ」でも、カバーできません!

痛すぎます!

スポンサードリンク

結局、食事はすぐに終わり、その後、氷に目を当てまくり、なんとかなりました!

スパイスには気を付けようね!

自分の場合は、食事で同席していた女性は、気心知れる仲なので、ぜんぜん良かったですが、これをもし、初対面のデートとかでやってしまったら、ジ・エンドですね(笑)

ということで、激辛料理店で絶対にやってはいけないたった1つのこととは、「手でスパイスを振りかけること」です!
目は自然にこすってしまう可能性があるので、最初から触れないことですね!

自分は、この事件のせいで、マクドナルドのジューシーシャカシャカチキンのレッドペッパーを振りかけるときですら、恐怖を覚えるようになりました!

だって、レッドペッパーをシャカシャカと縦にシェイクする訳ですよ!
これやぁ、ひょっとしたら、ひょっとしますよ!

人生スパイシーなのは、たまに傷ですね!リアクション芸人さん、ほんとう尊敬しますよ!

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動