ロングテールSEOで小さく狙った記事がトレンドに乗って1日1万PVを記録した話

2015年03月29日

20150329-01

小が大を兼ねたアクセスアップ事例

私が運営しているたにちゃんねるジャーナルで、PV増加に関する面白い事例がありました。

「福岡人なら福岡発オリジナルファッション誌『LIRY』を一度読んでみよう!」という記事です。

これは、検索エンジンから…

福岡 ファッション
福岡 ファッション誌

という二つの検索パターンからの流入を狙った記事です。

Googleキーワードプランナーで調べると、「福岡 ファッション誌」の月間検索ボリュームはたったの10。

つまり、ごく小さなキーワードを狙った記事というわけです。

さて、スーパー牛歩な記事づくりをしているのですが、私の場合は、内容に質と個性があって、小さいアクセスでも長年にわたって検索エンジンからのアクセスが見込める記事づくりを方針としています。

バイラルメディアのように分かりやすい内容ではありません。

しかしながら、以下のような反応が起こりました

20150329-03

これは1分あたりの訪問者数153人であることを示したアクセス解析です。

訪問者のほとんどが「福岡人なら福岡発オリジナルファッション誌『LIRY』を一度読んでみよう!」という記事になっています。

さて、なぜ、このような現象が起きたのかお分かりでしょうか?

参照元を見ると、news.yahoo.co.jpが125となっています。
これは、Yahoo!ニュースから、自分のサイトへ流入してきたことを示しているのですが、Yahoo!ニュースそのものに、私のサイトのリンクはありません。

原因となったYahoo!ニュースの記事は「ファッション誌:地元密着、福岡アパレル「リリー」拠点に」というものです。

福岡にLIRY(リリー)というファッション雑誌があるよというニュースで、まさに、それは福岡のファッション雑誌の概要レベルの記事でした。

そこで何が起きたかというと、「LIRY」というワードで検索して、さらに、LIRYについて詳しく調べようという動きです。
LIRYと検索すると、私のサイトの記事が2位(日々変動しますが)にあるため、アクセスが流れ込んできます。

20150329-04

また、上記画像の検索結果一覧に出ている各サイトのタイトルに注目して下さい。
自分のサイト以外は、相手が読みたくなるようなタイトルになっていないんです。

結果として、検索した人が「福岡人なら福岡発オリジナルファッション誌『LIRY』を一度読んでみよう!」をクリックしやすくなります。

結果として、1日1万PVを超えることに

20150329-05

上記のページビュー数がその結果です。

1日1200PVほどだったサイトが、10倍以上のPVを獲得することになりました。

記事数を継続して増やすことによって、不定期にPVが爆発する機会を増やすことができます。
その際に、重要なのは記事の質を高めておくということです。

通常の集客作業が臨時の報酬を作る

20150329-02

記事の質が高ければ、不定期な爆発によって流れ込んできた訪問者が、あなたのサイトに好意を示し、顧客になったり、ファンになったりします。

サロンを経営していて、サロンで取り扱っている商品を売る場合も、1つ1つの商品を丁寧に紹介した記事をアップすると良いでしょう。
すると、テレビなどで取り上げられた際に、それを見た視聴者が近場で手に入れられるところを探すかもしれません。

その際に「地名 商品名」で検索することが予測されます。
そのときに、あなたのサイトがヒットすれば、かなりの臨時報酬を得ることができるでしょう。

通常の仕事に活かすためにやっている作業が、臨時のボーナスを与えるということは少なくありません。

以上、今回は、ロングテールSEOで小さく狙った記事がトレンドに乗って1日1万PVを記録した事例の説明でした。