Webサイトは積み上げ式で影響力を持つことが出来るメディア

2015年04月17日

20150416-01

Webサイトは正しく作りこむことで、影響力を積み上げることが出来る

テレビに自分のサービスや商品を取り上げてもらう。
マスメディアの影響力は計り知れないものがありますが、それは一過性です。

そして、その一過性というのは予測が付きません。
確かにテレビに取り上げてもらうためのノウハウはあります。

しかし、一生テレビに取り上げてもらうということは不可能です。

また、マスメディアは取り上げてもらうと、一点集中で受注が入り、会社や個人のキャパシティを超えてしまいます。

1日で1000件依頼が来て、翌日からまったく来なくなるよりも、毎日3件が1年間安定して入ってきた方が、結果利益が上がるようなサービスや商品を展開している人もいるでしょう。

・長期間
・安定的

この二つの要素を持った影響力を与えられるメディアがWebサイトです。

もちろん、マスメディアに比べれば、リーチする力は格段に弱いです。

しかし、個人や会社のビジネスを成立させるには、非常に効率世の良いメディアであり、決して独立的ではなく、マスメディアとミックスして活用することができます。

マスメディアに出演して、ウェブへ誘導することも然り、Webサイトから出演オファーを獲得し、マスメディアに出演するのも然りです。

1コンテンツの更新は、検索エンジンに資産を作ること

20150416-02

1コンテンツの更新とは、ページの追加やブログの更新のことです。
ほとんどの方は、ブログの更新が主になります。

ブログを1記事書くことが、検索エンジンに資産を作ることになります。
記事を更新すればするほど、あなたの資産である土地の面積が増えていきます。

土地の面積が増えていけば、価値が上がります。
面積が大きければ、土地が目立つので人が訪れます。

土地の質が良ければ、訪れた人が喜びます。
結果的に、検索エンジンの評価が上がり、あなたの土地にさらに多くの人が訪れるようになります。

Webサイトの影響力を拡大させることは、検索エンジンに対する資産作りであり、土地を耕すことです。

もちろん、有料の広告を使えば、ブログの更新をせずに、影響力を持つことができます。
しかしながら、

・長期間
・安定的

という視点から見れば、人が自動的にWebサイトという土地に訪れることが、真の影響力と言えます。

質の良い専門情報をアウトプットしていくこと

ブログの更新はむやみやたらにしてはいけません。

サービスや商品は、ある業界の中に位置し、誰かに対する、誰かのために作られているはずです。

・その業界の専門情報
・サービスや商品のターゲットが好みそうな専門情報

これらを徹底して、アウトプットすることが、Webサイトでの影響力を高めることに繋がります。

1記事1人のために届けるという気持ちで書き続けると、100記事では100人のために記事か書き上がっています。

100人といっても、それは100タイプのようなものですから、100タイプの人が響くコンテンツが貯まっているということになります。

1記事入魂

20150416-03

なぜ、記事を書き続けると、Webサイトの影響力が大きくなるのか。

それはロングテールSEOという手法が効果的になり、自然に何千、何万、何十万という種類の検索のされ方で、Webサイトに人が訪れるからです。

例えば、エステや美容に興味がある人がいたとしましょう。

<エステや美容にある人がどのように検索するのか?>
・「美容 エステ」
・「美容法 おススメ」
・「40代 アンチエイジング」
・「キレイになるには」
・「美容液 人気 芸能人」
・「サロン 東京 渋谷」
・「肌 しわ」
・「セルライト 潰し方」
・「セルライト なくす」
・「エステ 効果 痩身」

など、挙げればきりがありません。

自分で記事を更新することで、このような検索のされ方の数が、何千、何万、何十万と増えていき、影響力が増すわけです。

そして、記事を読んだ後に、グローバルメニューやあなたのプロフィールやサイドバーのメニューなどに興味を抱けば、そのページに遷移してくれます。ページを遷移する中で、商品やサービスを頼みたいと思い、さらにページを読み進め、不安が対処できれば、お問い合わせやお申込みをしてくれます。

一度記事数が多くなれば、影響力は弱くなりづらくなります。
記事を無理して増やすこともなくなります。
Webサイトを効率よく育てることができるようになります。

すると、質の良いコンテンツだけが貯まっていき、アクセス数も成約率も上がっていきます。

やることは、1記事入魂を続けるのみです。
一番大事なのは、続けていくスピリッツです。

スピリッツは、コンサルティングによって、着火することは可能ですが、着火されたスピリッツで作業に着手するかは別です。

コンサルティングを行ったとしても、着火するところまでは提供できますが、着手するのは本人次第になります。

私の場合は、もう着手がかなりラクになるように、ありとあらゆることを整備しています。
結果的にクライアントが結果を出す確率は増えて続けています。

土地、株のように、Webサイトも10年後には立派な資産とみなされるかもしれません。

既に、個人で作ったWebサイトが数百万~数億まで、買収されるといったことが起きています。
大企業はwebサイトのコンテンツ作りにどんどん力を入れてきています。

Webサイトは積み上げ式で影響力を持つことが出来るメディアだということです。

制作を依頼することは、そのことを念頭に置いて、要望を出していきましょう。