RECOMMEND *

事例付き!フェイスブックより、ツィッターより、アメブロがソーシャル的で、将来的にもプラスになる!

谷 洋二郎  2012年6月20日

アメブロがソーシャル的に使える理由 アイキャッチ

フェイスブック(ページ)は、「相手の不安を対処して、意思決定する」には、不十分過ぎる!

フェイスブックページは、そもそも、ブログのように1記事、1記事溜め込む方式でない。
まぁ、それが「ノート」であったり、「ウォール」であったりするのだろう。

しかし、何かを検索して、フェイスブックの「ノート」や「ウォール」のページに、たどり着いたことはあるだろうか?
細かい仕組みはさておき、ウォールはすぐ流れて、ほぼ「ゴミ」となる。

ただ、ブログの記事は、1記事、1記事が「財産」になるのだ。

ちなみに、私の運営している、『ブログクリエイター~アメブロカスタマイズ作品集』を例に挙げると…
「アメブロカスタマイズ 制作 福岡」
「アメブロ 制作実績 東京」
「アメブロ ヘッダー デザイン 福岡」
「アメブロ ヘッダー 長崎」
「アメブロ 音楽スタジオ ヘッダー」
等、検索すると、各々の記事が、1ページ目に表示される。こんなワードが山ほどあるのだ。
つまり、トップページだけでなく、記事のページが、様々なニーズの潜在顧客を連れてきてくれるのだ。

※『ブログクリエイター~アメブロカスタマイズ作品集』というサイト名で…
http://ameblo.jp/blog-creator/
http://blog-creator.com
http://blog-creator.net
の3つがある(笑)

また、集客のネタになる「ウォール」で伝えられる「情報量」も限られる。
ブログは、1記事に豊富な量と画像を入れ込むことが出来る。

フェイスブックの「ノート」だって、デザインは出来ない。
さらに、フェイスブックページの中に「Welcomeページ」のようなモノも入れ込めるが、ユーザビリティが悪く、クリック率が低いと言える。

まぁ、何より、1記事1記事が財産になるので、3年後、5年後、10年後と長い目を見ると、絶対にブログの方がよいのだ。
(でも、出来れば、独自ドメインがいいけど…ただ、最初にアメブロにトライして「慣れた後に…」という動きはアリだ!)

では、ブログを「コツコツと、相手(ターゲットユーザ)のことを想って、作り込む」と、どうなるのか?
実際に、私がクライアントにデザインしたブログの事例を見ていくとする!

ろーたす工房は、「オーダーメイドの格闘技衣装屋」という何ともコアなサービスです!

ろーたす工房 アメブロ ヘッダー

そして、ろーたす工房さん自身も、私のアメブロを見て、ブログ経由のお問い合わせである。
ただ、自分は、「アメブロでアメブロのデザインを売っている」ので、「集客して当たり前」なのだ。

それで、格闘技衣装に相関する検索ワードのボリュームを、解析で調べると、あまりにも多いとは言えず、最初は厳しいかと正直思った。
ただ、フタを開けてみると、どうなったか…

ブログの内容は、格闘技衣装の制作そのものだけでなく、奮闘記、予定、また、格闘技そのものまで!

ろーたす工房 ブログ内容

画像付きで、制作実績を分かりやすく、1つ1つ丁寧に説明した記事が主。
また、仕事を頑張っている製作者の様子、予定。
プロボクサーであるダンナさんの試合に関する情報。

「格闘技衣装」という軸を芯にしっかりと持ちつつも、業務連絡に留まらずに、あたたかく読めるブログという感じだ。
実は、ブログのデザインを施す前は、「誰もが書くような日常の体験」をアップしていた。

書く内容もバシっと変えたところで…

デザイン一新で、ブロンドチェンジに成功。結果、今までにない「層」からのお問い合わせが!

アメブロカスタマイズ お客様の声

ブログという「ポップな体裁」を保ちながらも、「プロ感」を感じられるスタイリッシュさを入れ、デザインをしっかりと作ったため、個人はさることながら、企業にも認められるブランド感を打ち出すことが出来た。

この部分において、自分が果たした役割は大きかったと思う。
ただ、もっと根本的な成功要因を言うと、ブログへ連れてきたのは、「クライアント自身が書いた記事」なのである。

1.検索で「格闘技 パンツ 制作実績」と検索して、ブログの「ある記事」にたどり着く。
2.各メニューバーにある「制作者について」「オーダー方法」「デザイン入稿について」等を押して、詳細を見る。
3.注文したい気持ちが高まり、ブログで分かりやすく誘導している「お問い合わせ」から、注文する。

つまり、「1」がないと、すべてが繋がらない。ろーたす工房さんは、ブログがとにかく丁寧で、更新頻度が多い。
まさに、「ブロガーの鏡」だ。

スポンサードリンク

ホームページよりも、お問い合わせ後の即決が早くて高確率なのは、ブログに「人間味」が出てるから!

アメブロカスタム後、お問い合わせ数増加!

私のブログのデザインを見れば、一目瞭然だが、「至極、スタイリッシュ!」って訳ではない。
あくまでも、ブログっぽさが残っている。

それに、コンテンツは記事だ。ヘッダーはイメージ画像やグラフィックデザインを施しているが、記事の画像は、クライアントがデジカメで撮った写真だ。

いや、それこそが、まさに人間味の創出なのだ。「現場でやっている感」、ネットで配信した情報から、リアルを想像させる記事力っていうのは、お客様自身の「手作り感」から生まれるのだ。だから、絵文字でも、強調文字でも、ウザくないなら、ぜんぜん使っても構わない。

ホームページが遂にはいらなくなる!私が閉鎖に追い込んでしまった…

お客様の声 ブログをホームページ化

実のところ、ホームページは絶対にあった方がいい
しかし、「クライアントのWeb運営に注げる時間と受注量」を考えて、現在は、アメブロという決断だとしたら、いいかもしれない。

それに、ブログで上手く行くことが出来れば、さらなる「特典」がある。
そこで、溜まった記事を、少しリニューアルして、違うサイトへ転用することだって出来る。

画像をブログから直リンクではなく、新しいサイト内からのリンクに張替え、ブログタイトルを少し変えることにより、異なった「記事」になる。
そして、その数が一気に増えるのだ。それに、ブログレベルで書いた文章は、メルマガ、チラシ、DFでのレポート、さまざまな場面に活用出来る。

終いには、コメントからも、お問い合わせ!実は、これが「アメブロがソーシャル的」で、使える理由

終いには、アメブロのコメント欄からお客様をゲット!

ブログを続けると、新たなステップアップとして、サイトを新しく作るときに、記事をまるごと活用出来る。
これが、将来的にプラスになる利点だ。

そして、それなら、まずは、アメブロがオススメなのだ。
上記の画像は、ブログの記事のコメント欄から、お問い合わせへ繋げている。

アメブロは、そもそも、コメントをしやすい空気感がある。
それは、アメブロが、ユーザ名に対して、ニックネームを付与し、「メッセージを送る」「ペタを踏む」「グルっぽ」「アメンバー」「アメーバなう」等のユーザ交流を促しているためだ。

アメブロには、あまりにも、ユーザと関われるツールが備わっている。いや、むしろ、関わらない方が難しいかもしれない。
この「ソーシャル的に使える価値」は、他のブログサイトに比べて、圧倒的に群を抜いている。

フェイスブックやtwitterは、「貯金」がしにくいメディアなのだ。それに、こちらから、情報を「流す」必要がある。
しかし、ホームページやブログは、記事を「貯金」することが出来るメディアなのだ。それに、あちらから、検索して、情報を「探して」くれる。

ぜひ、皆さんも、記事を未来に向けて、貯金してみては♪

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動