RECOMMEND *

起業して生計を立てたいのなら、コミュニティかメディアのどちらかを創れば、一生喰える。

谷 洋二郎  2013年3月18日

コミュニティとメディアで、あなたの生計は持続的に!

あなたが起業し、生計を立てるとき…

コミュニティとメディアですべての仕事は得られる

あなたが、「ある何か」で起業した。
あなたが、「ある何か」をサービスとして、打ち出した。
あなたが、「ある何か」で対価を貰いたい。
そして、それを永続的に繰り返したい。

そんな時に、もっとも重要になるのは、「ある何か」の質量ではない。

業界にもよりけりではあるが、私の経験上、あなたが「ある何か」を起業させるといったことに踏み切った時点で、ある程度の「行動力」「勇気」「クオリティ」の何かが、ある一定の水準を超えていると予想される。

「行動力」「勇気」「クオリティ」というのは、面白いモノで、「なんでこんなに質の悪いサービスで成り立っているのだろう?」という個人事業主でも、かなりの額を稼いでいるというケースは多く存在するのだ。

こうしたフリーランサーの例は、「行動力」と「勇気」における能力が優れており、「クオリティ」が劣っているという典型的なタイプであり、提供するサービスの内容を突き詰めること自体が、生計の立てやすさに比例していくとは限らないのだ。

そして、今回解説するのが、この「行動力」と「勇気」を下地とすることで、あなたが一生、個人事業主として、ご飯を食べていける二つの選択である。

この二つの選択は、相互作用し、相関関係もあるのだが、大まかに分類して、この二つの選択のどちらからによって、必ずあなたは仕事を獲得することになっているのだ。

現に、あなた自身は、この二つのどちらも持っているであろう。
言ってみれば、あなたの持っている「この二つ」のパワー、ボリューム、インフルエンスを強めていくことで、あなたは個人として持続的に生計が立てられるのだ。

いや、「この二つ」のうち、どちらかで構わないだろう。

では、「この二つ」とは、一体何か?

この二つとは、「コミュニティ」と「メディア」である。

クオリティが必ずしも重要とは限らない

どんな個人事業主やフリーランサーも、「コミュニティ」か「メディア」から仕事を獲得している。
コミュニティやメディアの質や種類は、今回の議論の対象ではないが、すべての仕事は、あるコミュニティからあたかも自然発生的に生まれたかのようにあなたの元に現れたり、あるメディアを介してあなたの元へ飛び込んでくるのである。

例えば…あなたの「行動力」と「勇気」から…

ある定期交流会にあなたが参加した。そこで、50人の見込み客と名刺交換をした。さらに、名刺交換をした人に、交流会時のお礼のメールを送った。そして、50人のうち25人が、メールにあるあなたのブログのリンクを辿った。あなたは、DMをターゲットの地域に2000枚配った。あなたの運営している公式サイトは、検索エンジンから1日200人の訪問者が訪れる。そして、あなたは、週2回、自分の事務所でセミナーを開いている。また、あなたは、朝の活動クラブを立ち上げ、毎週1回、新しい参加者を獲得しながら、部として運営している。

という状況を作り上げたとする。

上記の状況を分解すると、「メディア」か「コミュニティ」に分類されることが出来るのに、気づいただろうか?

メディア…名刺、DM、メール、ブログ、公式サイト
コミュニティ…定期交流会、事務所セミナー、朝の活動クラブ

といった具合だ。

つまり、あなたが通常業務をこなしながら、また、本質を突き詰めながらもやらければならないことは、「コミュニティ」と「メディア」を創り上げることだ。

ただ、「持続的に生計を立てる」といった観点でいくと、あと一歩踏み込んだ思考が必要だ。

それは、何かというと…

スポンサードリンク

「オリジナル」のコミュニティ、「オリジナル」のメディアを作っていく

作るのであれば、オリジナルでいくべし!

誰かの交流会、誰かのセミナー、誰かのイベント etc..
TV、雑誌、フリーペーパー、新聞 etc..

など、これら既存のコミュニティやメディアは、他人の財産なので、出費が大きくかかり、自由に操れないという欠点がある。

だからこそ、重要なのは、あくまでも、「オリジナル」のコミュニティ、「オリジナル」のメディアを作っていくことなのだ。

しかし、オリジナルを作るということは、長期な時間を要する。
加えて、オリジナルを作った時に、「クオリティ」の能力が低い場合は、その「オリジナル」なコミュティとメディアは、宗教っぽかったり、エセっぽかったり、思われてしまう。

メルマガを押し売りのように送り続けて生計を立てているメルマガーアフィリエイター
デザイン性が低く、ターゲットユーザーに心地の悪くし、精神的に追い詰め、成約を上げるブログアフィリエイター
などが、ネットビジネスで稼いでる多くの例が、このパターンに当てハマルのだが、コミュニティもしくは、メディアを作っていくのと同時進行で、クオリティを自然に上げていくという試みでやらなければ、社会的な評価が得られないということに、重々気をつけて活動して欲しい。

私としては、現場を動き回ることが辛いということ、より遠くの方へ情報が届くということから、Webメディア作りに力を入れ、サイトからのお問い合わせによって、生計を立てている。

Webメディアは質と量を高めれば高めるほど、検索エンジンからの毎日ある程度決まった量の訪問者を確保出来るため、私は、「メディア」を創るということに重きを置いた。

しかし、メディアを作っていくのが困難という方は、コミュニティ作りに力を入れてみると良い。
最初は他人のコミュニティにパラサイトすることで多くの人間関係を作り、彼らに、あなたの新しいコミュニティを提示すれば良い。

つまり、コミュニティを創るというのは、素人でも「行動力」と「勇気」という部分で、かなり成し遂げられる部分である。
そして、先ほどもいったように、同時進行で「クオリティ」を上げることで、そのコミュニティの進行の岐路で、よりレベルの高い人間と対等な関係が築けるようになり、彼らがあなたのコミュニティへ流動することになる。

ぜひ、これから個人として、生計を立てていこうとする人々は、あらゆる活動を「コミュニティ」と「メディア」という切り口で見てみると良い。
そうした視線で物事を捉えるだけで、ビジョンががっと変わり、対策が変わり、結果が変わってくるだろう。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動