RECOMMEND *

失敗も借金ゼロ。リスクが低すぎる専門家起業という方法

谷 洋二郎  2014年11月7日

20141117-01

相手に価値を与えた対価として、報酬を貰う

好きなこと起業したいという訳でもなく、とにかくもっと自由な裁量で仕事をしたいという方に、専門家起業はおススメです。

雇われ社員を脱する一番のメリットは、給料を好きなように上げ下げでき、労働時間も好きなように増減できる点にあります。

ただし、サービスと集客のどちらも洗練されていなければ、起業はプレッシャーの連続です。
しっかりとしたシステムを作らなければ、そのプレッシャーは死ぬまで抱えなければなりません。

起業しようと思ったときに、「この事業は当たる!」と思って、大々的に運営することは悪いことではありません。

ただし、法人化して、会社を大きくしたいという欲求もなく、月に100万円程度のお金があれば満足いった生活ができるということであれば、一人でやっていける仕事が一番ラクです。

一人で仕事を行うということは、その人が何かを提供しなければなりません。
あなたが何かを提供するという点で、起業を考えてみましょう。

その際、もっとも分かり易いのが、あなたが何かの分野において専門家になることです。
一般人よりも、その分野に特化している。
だから、その分野におけるあらゆる事は、あなたに任せられる。

その「あらゆる事」がサービスとして成立するのであれば、起業は成功します。

失敗も借金もしたくないのなら、専門家になる時期にメディアを作る

専門家になるには勉強が必要です。
勉強をする際に、あなたは多くの書籍を読み、多くのことを調べるでしょう。

大事なことはノートに書き記すこともあるでしょう。

そのすべてを、ブログにしてみて下さい。
ブログとして書き込んだワードは、検索エンジンに引っ掛る対象となり、潜在顧客があなたのブログにアクセスしてきます。

潜在顧客とは、あなたが専門家として起業した際に、顧客となりうる人たちです。

もし、あなたが何かの分野でアドバイザーになるのであれば、スカイプでのアドバイスを導入することで、全国の人々が対象になるでしょう。

専門家になるために、勉強は必ず通る道です。

1、専門家になるために勉強する
2、専門家になる
3、ビジネスを始める
4、集客しながら、仕事をする
5、上手く行くまでに時間を要する

という流れが普通だと思います。
自分自身のコミュニティやメディアを持っていなければ、資格を取って専門家になっても、集客をゼロからしなければなりません。

ただし、

1、専門家になるために勉強する
2、勉強した内容をブログにアップする
3、専門家になる
4、ブログのアクセス増えている
5、ブログにサービスを打ち出し、集客する

という流れであれば、専門家になった瞬間に、ある程度の成功が見えてきます。

ブログを数百記事アップすれば、間違いなくアクセスは確保できます。

実際に仕事を始めてから、ブログを書いていくのは大変です。

ブログのライティングスキルがない状態で、集客のプレッシャーに押されながら、記事を更新するモチベーションが保てる人はほとんど存在しません。

スポンサードリンク

テキストに起こすという資産

ブログに書き越すことは、ブログのアクセスを増やすのみに留まりません。

例えば、依頼を受けセミナーを開催する際、資料が必要になったとしましょう。
ブログを書いていさえすれば、ブログから内容を流用することもできます。
ブログをで伝えることに慣れていれば、相手に分かり易い資料を作ることもできるでしょう。

また、チラシを作ったり、プレゼンを行ったり、あらゆる状況に、ブログで書き起こしたことは使うことができます。

テキストデータというのは、あなたのノウハウを文字として体現した財産なのです。

副業でも専門家になることはできる

専門家とは資格があるものだけではありません。
アメブロを閲覧してると、個人事業主の方々が、様々な肩書きで活動しています。

会社員をずっと経験している人からは、「こんなのでメシ食えるの?」という肩書きかもしれませんが、稼いでいる方が多く存在するのもまた事実です。

専門家で勉強するフェーズをブログ運用と並行して行うことはかなりおススメです。
分野がある程度同じであれば、どんなにサービス内容を変えても、集客は行えます。

なぜなら、発信した内容に興味のある属性が、検索エンジンからやってくるからです。

もし、今、何かの専門家になろうと勉強しているのであれば、日々勉強している内容を、ブログにアウトプットしてみて下さい。
1記事1000文字程度ぐらいはあった方が良いでしょう。

ブログのタイトルに「勉強中」とか「~を目指す」とはいう文言は入れないようにしましょう。
あくまでも、その分野でよく検索されているワードを入れましょう。
「○○解説マガジン」などのような感じだと、その分野における解説をしている雰囲気が出て良いです。

起業したあとにブログのタイトルを専門家としてのサービスを打ち出している文言に変えましょう。

すべての行動を財産にし、起業すれば、最初から軌道に乗るため、失敗や借金をしません。
また、一人で基軸にビジネスをすれば、高いリスクを背負う機会すらありません。

その代わり、体調管理だけはしっかりと行っていきましょう。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動