RECOMMEND *

街で偶然、長澤まさみに会って「ホテル行こう!」と逆ナンされても、ほとんどの男は怖気づくだろう

谷 洋二郎  2014年11月13日

長澤まさみ 東宝芸能オフィシャルサイトより

もしも、たった今、長澤まさみに逆ナンされたら、あなたはどんな行動を取りますか?

友達同士でバカ話をするときに「芸能人だったら誰と付き合うか?」というお題をやったことが誰しもあるのではないでしょうか?

妄想は一瞬で広がり、脳内デートはどこまでも進んでいくでしょう。

しかし、現実は違います。

大物女優と付き合うなんて、夢のまた、夢。

そんな気持ちで街を歩いている時です!
あなたは、偶然、長澤まさみに出くわします。
しかも、向こうから声を掛けてきました。
さらには、会って「ホテル行こう!」と逆ナンしてきました。

さて、あなただったら、スムーズにホテルへ行きますか?

おそらく、ほとんどの男性が怖じ気づくはずです。
たまに、絶対に男性ができないと思って、敢えて無防備で攻めてくる女性がいます。

不意の無防備こそ、最大の攻撃なり、と言わんばかりに。

長澤まさみがいきなり出てきて、「ホテルへ行こう!」とキラキラの笑顔で言ってきました。

普通の男性なら、無防備な長澤まさみを前に、金縛りになるでしょう。

なぜなら…

・突発的な出来事で頭の回転が追いつかなかった
・冷静に判断できない状況にさせられた
・体験したことのない状況に落とし込まれた
・話が美味過ぎて、裏を考えさせられてしまった
・女性を抱きたいというムードになれなかった
・本人を目の前にして緊張してしまった

というようなことがごちゃ混ぜになって、あなたの心も体も使い物にならなくなるからです。

子どもの頃、好きな女の子になればなるほど、悪口を言ったり、ふざけてしまったりする人っていましたよね。
それも同じような状況です。

明らかなボーナスタイムにも関わらず、人生においてはマイナスに感じてしまうようになる。

なぜなら、ボーナスタイムの使い方を知らないからです。

宝くじに当たって人生が不幸になる人と一緒です。
億の使い方を知らないため、金銭感覚の帳尻合わせが出来なくなってしまうのです。

スポンサードリンク

では、どのようにしたら、長澤まさみとすんなりホテルに行くことができるのでしょうか?

あなたが普段から…

1、長澤まさみとホテルへ行けると普段から信じ
2、長澤まさみとホテルへ行くビジョンを描き
3、長澤まさみとホテルへ行くリスクを考慮し
4、長澤まさみとホテルへ行くことに手こずることも想定し
5、長澤まさみとホテルへ行くシュミレーションも行い

それでも、あなたは、ホテルへ行けないかもしれません。

あなたが「未経験のことがキター!」と思い込んでいる以上は、身体はガチガチのお地蔵さんのままでしょう。

そこで、大事なのは、「普通の経験にカテゴライズ」するということです。

・女性から逆ナンでいきなり「ホテルへ行こう!」と言われたことはありますか?
・知り合いの女性から「ホテルへ行こう!」と言われたことはありますか?
・女性とホテルへ行ったことはありますか?
・一人でホテルに泊まったことはありますか?

未経験のものになるべく近いものをカテゴライズできるのがベストですが、正直、カテゴライズするのは何でも構いません。
童貞の男性であれば、一人でビジネスホテルへ泊まった事のことを想い出しても構いません。

そして、次に行うことは、長澤まさみを目にして起きているすべてのことを、自分が想定した経験に、当てはめるということです。

【知り合いの女性から「ホテルへ行こう!」と言われた経験】を当てはめるとすれば、その女性名前と長澤まさみの共通点を探っても構いません。
文字数が同じだとか、イニシャルが同じだとか。あらゆる要素を、想定した経験に入れ込んでいきます。

すると、その長澤まさみというブランド感を少しそぎ落とすことができます。
少しでも冷静になれば、想定した経験をもとに、同じ要領でホテルへ導こうという思考を持つことができます。
少しでも余裕のある思考は、身体にも良い影響をもたらし、「考えて身体が動く」という当たり前の状況を維持してくれます。

童貞の男性の場合は、【一人でホテルに泊まった経験】を想定します。
すると、「そうだ、長澤まさみにホテルを道案内して、一緒に入ればいいんだ」という経験したことから理解しうる行動だと理解するようになります。

妥協案を常にぶつけることを考える

おまけとして、妥協案を常に提案することを考えてみるのも面白いかもしれません。

ホテルへ行こうと長澤まさみに言われたら…

・ホテルじゃなくて、お茶しようよ!
・ホテルじゃなくて、キスしようよ!
・ホテル通るだけにしようよ!
・ホテルじゃなくて、カラオケ行こうよ!
・ホテルじゃなくて、カルピス飲もうよ!

という具合に、妥協案を出してみるのです。

ビッグチャンスが訪れると、「アリか、ナシか」「最高か、最低か」で人は考えがちです。
ビッグチャンスを得たとしても、失ったとしても、不幸になるかもしれません(笑)

そんな予感を察知した時は、妥協案をサクッと入れて、良い塩梅で逃げましょう。

すごく変な記事になってしまいました。
これは、長澤まさみとホテルへ誘われたときのために書いた記事ではありません。

人は大きいチャンスを目の前にして、心と体を金縛りにさせられてしまいます。

そうならないためには、なるべく多くの経験を積んで、未知の経験を今までの経験に置き換える術も必要になってきます。

目の前にしている時には、もう勝負は決まっているのかもしれませんね。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動