RECOMMEND *

新生活者必見!ほっともっとで、1週間に食費を最大6840円以上浮かす方法

谷 洋二郎  2012年4月13日

ポイント倍増キャンペーンもある!

ほっとポイントくらぶって知ってます?

最近、ほっともっとに行くと、レジ付近に、何やら端末のようなモノを見かけませんか?
これ、ケータイでかざすだけで、「ポイント」が貰えるんです。

自分は、ほっともっとによく行くのですが、この制度知らずに普通に買ってる方が、割と多いです。
ほんとに、ケータイをかざすだけなんです。

しかも、他のポイントサービスとは違います。
ほっともっとさん、かなり太っ腹なんですよ!大盤振る舞いです。

フェリカマークが入ったケータイ電話であれば、誰でも利用することが出来ます。
但し一部対応していない機種があるので、ご注意下さい。

今回は、この「ポイント」のシステムを上手く使って、節約する方法をご紹介していきます。

1.新天地の生活者必見!初回ポイントを使いまくれ!

ついにスマートフォンにも対応!ってことは…

ということで、ケータイをかざすだけなんですが…
基本的には、1回で1ポイントになります。
ただ、初回は5ポイント付いてきて、いきなり60円引きが可能になります。

ちなみに、10ポイント貯まると、なんと、お弁当が150円引きになるんです!
結構すごくないですか?

で、「初回=5ポイント=60円引き」でしたね。

ここで重要なことが…

この制度は、「店舗」ごとに適用されます。
つまり、行く店舗、行く店舗で、初めてケータイをかざす場合は、ちゃんと5ポイント貰えるんです!
しかも、ポイントの管理も、店舗ごとで分けられます。

ほっともっとが、近所にたくさんある場合…
というか、いっぱいあります。探して下さい(笑)

もし、7店舗あるんだったら、毎日違うところに回れば、1週間で350円割引になります。
ガラケーとスマホなんて、持っている方は、両刀使っちゃえば、1週間で700円の割引が可能になります。

新天地へ来た新入社員にとっては、ありがたいですね。
この際、新しい土地へ慣れるという意味も込めて、ほっともっと探しに行くのもよいでしょう!

こんなに値引きしていいの?割引確変状態の「ポイント5倍サービスDAY」

ほっともっとケータイポイント

ほっともっとでは、「ポイント5倍サービス」が頻繁に行われます!
普通の状態でも、お得なのに、ポイント5倍って…

つまり、1回で5ポイント、既に60円引きになるんですね。
でも、よく考えると、2回行くだけで10ポイント、一気に150円引きなんですね!
スマホを持っている方は、両刀で300円引き!

これをもし、近所の7店舗でやってしまいますと、1週間で1050円引き!
スマホを持っている方は、両刀で3000円引き!ワァオ!

スポンサードリンク

最後の裏技!買わないけど、来店だけして、ポイント収集。すると、どんでもないことに…

買うのは1店舗。でも、毎日7店舗でポイントを貯めていく。
そんなことが出来るハートの強い方が、もし、ポイント5倍キャンペーン週間で、弁当を買ったら…
うーん、『もしドラ』ならぬ、「もし弁」ですね!寒っ!でも、財布の懐は暖かくな~る。

毎日買うのは1店舗。でも、7店舗へポイント収集へ行けば、「2日10ポイント150円引き」×7!。
ってことは、6日で7店舗で450円引き。残り1日は、7店舗で5ポイント60円引きですね。

ややこしいですが、合計すると…7日×450円と7店舗×60で、合計3420円。
まさかのガラケーとスマホの両刀使いで、な、なんと!1週間で、6840円も、浮いちゃうんですね!

ミラクル過ぎる!ほっともっと素敵過ぎる!そして、この技、セコ過ぎる!

なんか森永卓郎さんや金子哲雄さんのような感じになっちゃいました(笑)

のり弁当なら、毎日140円で食べられる!

節約術で、スーパードケチな話になってしまいました。
ただ、どんなサービスも「初期」の頃には、こういった狙い目が沢山あります。

節約に、愛は、要りません。ただ、勇気だけが必要かもしれませんね。
150円引きで、290円ののり弁が、毎日140円で食べられる…

まぁ、たまにはいいんじゃないでしょうか(笑)

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動