RECOMMEND *

紙一重で幸せを掴む【自己防衛】を強みに変える生き方

谷 洋二郎  2016年4月28日

2016-030-00

精神安定剤ではなく、精神安定財を作ろう

情報は限られたメディアからトップダウン構造ではなくなり、SNSによって個人メディアから多種多様な情報が高速でアウトプットされるようになりましたよね。

正直、どんなに節制できる人でも、心がブレやすくある可能性はありますよね。
自分がある人は、余裕があるので、上手くスルー出来るでしょうが、自尊心が高まっていない人は気にしてしまうかもしれません。

他人の情報に嫉妬したり、自分のことが疑心暗鬼になったり、勝手にヘコんだり…
だから、自分自身も、アピールする材料を手繰り寄せ、それに盛り付けし、発信してしまう。
友達から来る曖昧な「いいね!」というサインや社交辞令を、評価と勘違いし、いや、思い込み、心の拠り所にする。

人間は誰しも完璧じゃありませんよね。
だから、精神安定剤を持っておくのは良いことでしょう。
ただし、これは薬と一緒で、過剰摂取はダメですね。
人間としてのバランスを失うことになります。

精神安定剤ではなく、精神安定財を作る。
剤はすぐに手を出すことができますが、財は自分で築き上げる必要があります。
自分が自分として認められる結果があれば、それを胸に秘めて長期間余裕のある人間として生活することができます。
「結果がすべて」という表現は仕事やスポーツをはじめ、あらゆる分野や状況で使われますよね。
これは人の心も同じです。
心は結果がすべて解決してくれることがあります。
心の問題をすべて解決してくれる結果とは、自分が自分として認められる内容です。

剤の中毒から財を獲得すると…

2016-030-01

例えば、異常なまでにアイドルにハマっていたとしましょう。
自分の年収に対して、マネーライフプラニングをすると、明らかに破産へ向かうような消費をアイドルに対してしていたとします。
そんな彼に、突然、素敵な彼女が出来ました。
すると、彼は今まで費やしてきた時間を彼女に捧げ、お金も将来を見越してバランスよく使うようになりました。
さらには今まであんなに好きだったはずのアイドルにまったく興味が湧くことがなくなりました。
時間にも余裕ができ、その時間でキャリアアップを計り、見事独立。
独りで仕事をするようになり、多くの自意識が芽生え、見た目にも気をつけるようになり、その結果、さらに彼女から愛されるようになりました。

かなりぶっ飛んだストーリーかもしれませんが、これは精神安定剤から精神安定財へシフトした分かりやすい例ですね。
「自分が自分として認められる結果=素敵な彼女が出来ること」であり、その代償行為として、アイドルにハマる。
自尊心が低いので、自分が強くいられるきっかけとして「多額のお金を費やす」という行為があります。
お金を払うことでアイドルと対等の立場にいられるというマインドですね。

「自分が自分として認められる結果=素敵な彼女が出来ること」がやってきたことで、代償行為は自然と不必要になります。
自分に余裕があれば、節制も上手になります。
自分に余裕があれば、相手を見ることができます。
自分に時間があれば、次への布石を打つことができます。

さらに独りであらゆることを請け負うようになれば、多分野で多感になり、バランス感覚に優れた人間になります。
そうなると、自分の長所を足し算していく作業だけでなく、弱点を補うようになるので、さらに素敵な人間になります。

自己防衛としての没頭を良い方向性へ

2016-030-02

精神安定剤としての没頭も、精神安定財の没頭も、どちらも自己防衛のために行っている点は変わりありません。
精神安定剤と精神安定財は紙一重です。
精神安定剤としてやっていた代償行為そのものが、その人のとんでもないスキルを生み、そこから成功する人もたくさん存在します。特に芸能やアートの世界では、精神が不安定な時に作品として昇華させたものが評価されることもありますよね。

精一杯考えながら一歩一歩進んでいけば、必ず活路は見えてきます。
常に「自己防衛としての没頭を良い方向性へ持っていくんだ」という意識は、処世術として多くの場面で役に立つかもしれません。

自分の事を本当に好きでいることができれば、人生の過ごしやすさはとんでもなく変化します。
自分の事を本当に好きな人は、自分の事を信頼したうえで、自分を客観的に評価します。
自分に嘘をついたり、自分を大きく見せようとしたり、自分が一番可愛いなどと強く思ったりはしません。

ただただ、自分で自分を認められる。だから、相手が何を言おうとブレない。
自分に嘘はつかないし、自分をそのまま見せることもできるし、自分が一番可愛いとかそんなのはどうでも良い。
ここまでのマインドを作るのは難しいかもしれませんが、まずは「自己防衛としての没頭を良い方向性へ持っていくんだ」という意識で、精一杯考えながら一歩一歩進んでみて下さい。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動