RECOMMEND *

人たらしな人の特徴-人の心を自分へたらたらに垂らす方法

谷 洋二郎  2018年5月22日

ビジネスシーン

そもそも人たらしとは?

女たらし、男たらし、恋愛以外のオールジャンルで同性異性問わずに、巧みな言葉で騙したり、甘い言葉で誘惑するのが「人たらし」です。

人たらしの妙は、本人の仕組んだ感が表に出ないことです。もしくは、作為的満開なんですが、「そう言われたら言うこと聞くしかないやん!」と相手に気持ちよくさせたい行動を起こさせる技術に長けています。

人たらしな人の特徴-人たらしのテクニック

2018-085-01

人たらしな人は、自分が日常的かつ反射的に繰り出すやり取りが、自然に相手の心を惹きつけてしまう特徴があります。

狙っている人たらしもいるかもしれませんし、狙っていない人たらしもいるでしょう。以下、人たらしの特徴であり、そのまま人たらしになるためのテクニックになります。

<人たらしな人の特徴>
・相手をよく肯定してフラットに指摘する
・明確な自己拡大を促す独自の褒めができる
・自分の弱みや本音をサクッと開示する
・自分の強みや特別性を巧みに刷り込む
・実力やクオリティでキーパーソンになる
・特定の環境や個人に執着しない
・相手の明るい未来をイメージさえるのが上手い
・持ちつ持たれつの出し引きが絶妙

地味で目立たない存在であっても、上記のことができれば、人の心があなたに落ちていきます。それでは、人らしな人の特徴とテクニックを1つずつ掘り下げて解説していきたいと思います。

特徴1、相手をよく肯定してフラットに指摘する

2018-085-02

人たらしは公明正大を土台に、相手を肯定することを軸にコミュニケーションをします。なので、「客観性のあるきちんとした肯定」を受けているような気分になり、関係性が心地良くなっていくわけです。

相手に否定感を募らせるようなアドバイスをするのではなく、フラットに指摘をします。事実から見える指摘を言い放つので、否定感を与えずに、相手に別の方向性を提示することができます。餌として巻いていた肯定があるので、フラットさに欠いた指摘でも、相手の感情を気持ちよく揺さぶることができます。

特徴2、明確な自己拡大を促す独自の褒めができる

2018-085-03

相手を肯定するテクニックにも似ているのですが、人たらしは「その人の新しいポジティブな一面に気付かせる」というきっかけを沢山仕掛けます。だから、当人は「この人と一緒にいると、どんどん自分の新たな可能性が見出されていくようでワクワクする」と思うようになります。

人らしな人は、本人よりも、本人の可能性を信じている、そういった目線で物事を捉えます。だから、本人が気づかないストロングポイントを見い出すことができます。人は自分の新たな側面を聞くことが大好きなのです。

特徴3、自分の弱みや本音をサクッと開示する

2018-085-04

人たらしの人たらしたる所以は、感情の揺さぶりです。他人よりも感情を揺さぶるから、自分が特別な存在になります。そのためには、まず、自分が弱いや本音を開示することが大事です。

しかも、サクッと開示するため、「この人なら自分もサクッと本音言っちゃていいかもな」と思ってもらえるわけです。「ぶっちゃけ」を自然に引き出すと、自己開示がどんどん促されていきます。

特徴4、自分の強みや特別性を巧みに刷り込む

2018-085-05

自分が高い評価を受けていると、相手を褒めたり、指摘をたり、弱みや本音を零したりした時の威力が抜群に大きくなります。自分の強み、他人とは違って提示できる特別性を相手にきちんと理解させれば、相手は良い方向に受け取りやすくなります。

なるべく出会って、早い段階で、強みや特別性を刷り込むと初頭効果とハロー効果を得られます。初頭効果は「第一印象で感じたイメージで決めてしまう心理効果」で、ハロー効果は「目立った特徴に引きずられて、他の要素については評価が歪められてしまう心理効果」です。強みや特別性で印象が操作されるということです。

特徴5、実力やクオリティでキーパーソンになる

2018-085-06

人生で影響力を持ったキーパーソンになれば、相手はあなたから離れられなくなります。

エディター…権威を持つ人、大勢から信頼されている人
プロモーター…宣伝してくれる人、推してくれる人
レコメンダー…紹介してくれる人、情報に明るい人
アドバイザー…アドバイスをくれる人、最適化してくれる人
※ぐっどうぃる博士著『モテの定理 女心を知り、恋愛勝者になる究極の戦略』より抜粋

アドバイザーになれなくても、相手の話を傾聴するカウンセラー、相手のやる気を引き上げるモチベーターなども、キーパーソンの役割です。キーパーソンになると、その人の別のキーパーソンと繋がり、別のキーパーソンのキーパーソンとも繋がれます。

重役だからこそ、大切なひとを紹介してもらい、人たらしは、あらゆる重役に好かれていきます。

特徴6、特定の環境や個人に執着しない

2018-085-07

人たらしは執着心がありません。孤高を楽しむのが上手い、孤独と向き合っているため、相手のケアが上手いんです。執着せずにどうせ一人でも楽しめるので、人がいる環境は人の事を優先うすることができます。

執着しない心の余裕が、周りから「今のうちに囲っておきたい」と思われるようになり、相手をたらしていくことに繋がっていきます。

特徴7、相手の明るい未来をイメージさせるのが上手い

2018-085-08

人たらしは、コーチング的なニュアンスを自然に入れ込みます。質問によって、相手の未来像を明るく引き出すのです。また、相手へ提案する相手の明るい未来像に、相手が妙に納得させられたりします。

人生の分岐点だったり、自分に思考を再調整しかったり、定期的に連絡を取りたいような相手になり、仕事や恋愛でも、自然に相手と関係が深まっていくわけです。

特徴8、持ちつ持たれつの出し引きが絶妙

2018-085-09

人たらしはワガママをきちんとオーダーします。しかも、ワガママをオーダーする前に、きちんと相手のワガママに答えているため、ワガママをガツンと入れ込んで、相手とより深い関係を手にするわけです。

持ちつ持たれつというのは、「相手が自分のことを理解して、そして、自分も相手のことをちゃんと理解してもらう」というパートナーシップのシンプルで一番威力のあるやり取りです。

最後に:マインドとスキルをセットに相手の幸福体現力を高めよう!

自分が相手に提供できるモノが増えれば、自然と人たらしの能力は高まります。スキルを身に付けて自尊心を高めて、マインドも作り上げる、このマインドとスキルをセットに高めることが、人たらしの基本です。

マインドとスキルが高まれば、心の余白が大きくなるので、判断力をキレキレになります。相手が普段接する人の特徴から、自分が相手に喜ばれる行動や自分が特別だと思われるためのアプローチが明確に分かるため、人を簡単にたらしていくことができます。

心の余裕が増えれば増えるほど、相手の幸せと自分の幸せを一致させることができるため、人をたらそうなんて思わなくても、その環境に一生懸命対峙するだけで、人が勝手にたれていくのです。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動