RECOMMEND *

ベーシックこそ「強い個」を創る!服飾を学んで経験出来たモテるファッション着眼論

谷 洋二郎  2012年9月15日

ベーシックなファッションこそ、パワフルな個を作る。

ビジネスシーンでも、プライベートシーンでも、かなりモテるように

服飾ファッション教科書

今年は「服飾の教科書」をライティングする機会があり、それがキッカケで「起源的」なファッションを自分で学んでみた。
さらには、服飾コンサルタントの方と買い物にも同行し、ジャケットスタイルのコーディネートを行なった。

結論から言うと、自分の考えたファッションの本質が、真逆になった。
実践的な成果としては、ビジネスシーンでも、プライベートシーンでも、かなりモテるようになった。

実際にやってると、「正統な」ファッションを身につけることで得られるモノは、「人としての精神性・客観性」だった。
そして、この「人としての精神性・客観性」が心地よいファッションを作る上で、重要だった。
さらに、この「人としての精神性・客観性」が「自信のある下地」として確立された上で、「強い個」として、人前に立てる。
その「強い個」というのが、いわゆる「オーラ」とか「雰囲気」だったり、文字通り「個性」だったりする。

なんとも逆説的はあるが、ベーシックを学べば学ぶほど、「強い個」が確立される。
だから、以前と同じことを言っても、発言力も増すはずだろうし、そうやって1日1日過ごすことで、大きな差が生まれる。
それは、女性と居ても同じことで、1時間1時間、1日1日、過ごす度に、以前よりも差が生まれるので、必然的にウマく行く。
そうやってる時に限って、向こうから大きな仕事をくれたり、遊びの誘いが来たりする。

まぁ、「個性が語ってくれる」とでも言うのだろうか、まさに、ファッションの効果とは、こうあるべきだなと思わせてくれた。

「主張するファッション」と「目的を叶えるファッション」

私服コーデ
で、もっと面白いことがある。
自分はキャップを30個ほど持っていて、超アメカジスタイルが好きなので、未だにそういった格好をするが、そこにも変化が出てくるのだ。
というのは、「自分はベーシックとはそれたと知っている上で好んで着ている」から、そこにもより「強い個」が生まれ、雰囲気を出すことが出来る。

こうなってくると、街を歩いていると、いろんなモノを足しまくっている、一見オシャレそうに見える女性がヘンテコに見えてくる。
単なるコラージュ、もしくは、パッチワーク、いや、スクラップに見えてくる。

似たような出来事が、テレビであった。
毎週火曜日の13時付近に放送される『ヒルナンデス』のファッションエキスパート植松晃士さんの「格安コーデバトルナンデス!」。

ここでザ・原宿系みたいなファッション専門学校生を「おブスファッション」に認定した植松さんが、その女性に、シンプルなコーデを施すと、見違えるほど、ぐっと良くなったのだ。

この植松さんの凄いのは、本当にいろんな女性をシンプルに変えていく。植松さんは、番組の中で「モテたかったら、シンプルが一番」だとよく言う。
植松さんの場合、「主張するファッション」と「目的を叶えるファッション」をちゃんと分けていて、後者の達人なのだろう。
ちなみに『ヒルナンデス』の芸能人コーデバトルの時も、かなりTPOにこだわって審査する。

ベーシックを知っていれば、どんな服を着ても、「強い個」が生まれる。
逆を言うと、ベーシックを知らなければ、服の事が気になり「不安」や「自信のなさ」から、「弱い個」になり「雰囲気」が生まれない。
だから「いろいろ足しちゃったり」、「諦めてファストファッションですら、適当に選んでしまう」。
けど、ベーシックを知って、それでも「いろいろ足すのであれば」、オッケーなのだ。

スポンサードリンク

そして、とうとう「スーツのオーダー」をする羽目に

バタク 阪急イベント
本当は欲しくもないし、憧れもない。
ただ、社会的シーン、ビジネスシーン、プライベートシーンの中での佇まいを突き詰めると、かなり良いフィードバックがあることを知ってしまったので、乗っかることにした。

しかも、東京からbatakという良質なブランド来てくれるし、服飾コンサルタントの方が無料で付き添ってくれる。
フルオーダーで、靴・シャツ・ネクタイで10万ぐらいで、10年くらい着れるらしいから、「単体の魅力」と、「それを着て動くことで得られるフィードバック」を含めたら、安いのだろう。まぁ、東京の高貴な入りずらいショップに行く精神的疲労と交通費とかもない訳だし(笑)

自分の価値にないモノを理解する。
いや、理解した上で、ちゃんと取り入れる。
いやいや、ちゃんと取り入れた上で、実践してみる。

すると、様々なことが得られる。こういったことが、ファッションのベーシックで経験出来た。
スーツを買ってから、どんな動きが出来るか、また非常に楽しみにだ。
あ、その姿が見たいってだけで、デートの約束取れました。普段、アメカジだから(笑)

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動