RECOMMEND *

「やる気が出ないからやれないという人」ほど「やる気が出なくてもやる」という選択肢がない。

谷 洋二郎  2013年1月13日

やる気ってそもそも必要?

そもそも「やる気を出す方法」に重点を置いている時点で、あなたは考えなければならない

そもそも「やる気を出す方法」に重点を置いている時点で…
そもそもやる気が出ないとどうなるのか?
あなたは考えたことがあるだろうか?

やる気とは「ある事象」に対して放たれるエネルギーなので、やる気がなければ、「ある事象」を行う際に、影響があるということはお分かりだろう。

どんな影響かというと…

・「ある事象」への未着率が上がる。
・「ある事象」を行う際の進度が遅くなる。
・「ある事象」を行う際の深度が浅くなる。
・「ある事象」を行う際の強度が弱くなる。
・「ある事象」を行う際の「巻き起こしの雰囲気」が漂わなくなる。

といったことが上げられるだろう。

結果、あなたの「ある事象」の中に掲げていた目標が達成しにくくなるという訳だ。

でも、注目してほしい。「ある事象」を未着さえしなければ、あなたは、進度が遅かろうが、深度が浅かろうが、強度が弱かろうが、何か巻き起こしそうな雰囲気が漂わなかろうが、目標を達成する確率は出てくる。

つまり、あなたは、そもそも「やる気を出す必要」がないのだ。
言い換えれば、あなたは、「未着にならない程度」の「やる気のなさ」で取り組めばいいのだ。
とりえあずは、「未着にならない」というハードルを乗り越えれば、目標達成の確率は生まれるからだ。

やる気の出し方は、常に100%を出さなければいけないと思っていないだろうか?

やる気の出し方は、常に100%出さなければいけない?

やる気とは、「ある事象へ純粋無垢にほとばしるような心で向かうこと」だと思ってはいないだろうか?
そんなことを思ってしまうと、「気持ちが少しでも揺らいでしまったら」きっと、あなたは行動に移せなくなるだろう。

やる気とは、「とにかく行動に移して、心を目的の環境に移動させる」ことである。
そう、心の中を動かすのではなく、心そのものを、目的の環境へ移動させることなのである。

眠たいと思いながらも、「勉強を3時間したい」のであれば、まずは机に向かうこと。
これがやる気なのだ。

やる気については、様々な学問から、様々な見解があるため、ここで述べている私のやる気は、あくまでも持論ではあるが、心の中を磨くというより、心を別の環境に動かすことの連続性を磨いたほうが完全におススメなのだ。

だから、机に向かったら、次は教科書のページをめくるという環境へ心を移動させればいい。
こうやって、連続して、やっていくと、自然に分かってくることがあるだろう。

そう、身体を動かしているだけなのである。心を別の環境に置くということは、身体を移動させているということが伴うのだ。

あなたの「やる」という行動は、「心」だけではない。心身一体なのである。
だから、心を心だけ学んでいくと、いろいろと見えてくることもあるが、いろいろと閉ざしてしまうこともある。

やる気が出ないいからやれない人ほど、こういう状況にある。
やる気が出ないからやれない人ほど、そもそもが「やる気が出なくてもやれる」という認識や選択肢を持ち合わせていないのだ。

スポンサードリンク

やる気の呪縛によって、あなたは、体がガチガチに縮こまっていませんか?

やる気の呪縛によって、体がガチガチに?

体が主体となって構成されるスポーツという競技ですら、イップスという現象があるように、物事は、何であれ、体と心が連動していることを理解しなければならない。

あなたがもしイライラしていて、カラオケに行っただけで、そのイライラが解消されたのであれば、あなたの生活リズムに、声の抑揚というダイナミズムが欠けていたのかもしれない。

あなたがもし、恋人とウマく行っていなくて、一緒に街を歩いていた時に、寄り添ってスキンシップをとっただけで、一気にわだかまりがなくなったのなら、公衆という開けた空間の中で、身体的な接触を取っていなかったというのが、精神的な距離を作った原因かもしれない。

だからこそ、あまりやる気に縛られるのは良くない。それは、あなたの身体を束縛しかねない。
やる気のせいで、身体を束縛されると、まさにがんじがらめだ。

なぜなら、心か、身体のどちらかさえ、ちゃんとしてくれたら、双方に良い影響を与え、あなたは常に大復活出来るからだ。
だからこそ、「やる気が出なくてもやる」という選択肢をぜひ持って欲しい。

そうすれば、あなたは自己啓発本なんか読まなくても、自分自身の感覚を定理として、それを動かしながら、経験的に学び、日に日に生きやすい人生へと、己を導いていけるはずだ。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動