RECOMMEND *

鹿児島の秘境観光!日本本土最南端「佐多岬」

谷 洋二郎  2015年5月27日

20150527-03-07

日本本土の一番南の岬

20150527-03-10

佐多岬(さたみさき)は、鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠に位置する大隅海峡に面する岬です。
大隅半島のみならず、九州本島の最南端にあたります。

日本の本土、すなわち北海道、本州、四国、九州の最南端にあたる場所です。

20150527-03-02

名立たる都市と同じ高さに位置する奇跡

sekasya021-05

岬の北約600 mの所を北緯31度線が通過しています。
この北緯31度は、インドの首都ニューデリーやエジプトの首都カイロと同じです。

種子島・屋久島・開聞岳など鹿児島の財産を一望

20150527-03-08

岬の背後に控える山塊は御崎山あるいは蘇鉄山と呼ばれており山腹に御崎神社があります。また岬の先端からは、天候によっては種子島・馬毛島・屋久島や三島村の島々、薩摩半島南部の開聞岳などを望むことができます。

鹿児島を楽園に仕立て亜熱帯植物の数々

20150527-03-01

一帯に群生するソテツは「鹿児島県のソテツ自生地」として国の特別天然記念物に指定されている。他にもハマユウ、ビロウなどの亜熱帯植物が自生する。

20150527-03-11

赤が強い生き様のごとく映える神社

20150527-03-03

708年創立の由緒ある御崎神社。
車で赴くことすら、大変である辺ぴの地に、神の社を建てた和銅の人々。

古きを温めざるを得ない、生命力と威厳の結集がそこにはありました。

熱血愛国の歌人、川田順の歌碑

20150527-03-05

川田順は明治・大正・昭和にわたり、近代短歌史上に大きな足跡を残した歌人であり、歌集「伎芸天」 「陽炎」 「山海経」などの代表作があげられます。

「黒潮の海に昇りし天津日は佐多乃岬を日ねもす照らす」

黒潮渦巻く太平洋に昇った神々しい太陽は、一日中佐多岬を守るように照らし続けている。
いかにも大和南国らしい歌と言えるでしょう。

佐多岬燈台について

20150527-03-06

1871年(明治4年)、大輪島に佐多岬燈台が設置されました。

初代の建物は、明治初期の日本で多くの灯台を手がけた英国人リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計です。
しかしながら、太平洋戦争で空襲を受けたため、1950年(昭和25年)に再建されることになりました。

南国の穏やかさと海の荒々しさが融合した異空間

20150527-03-04

訪れたのが2月という季節だったからかもしれません。
特にこの日の鹿児島は高波と強風の天候でした。

ソテツなどが象る楽園の雰囲気に、岩々にぶつかる海が放つ荒ぶる逞しさ。
鹿児島の中にある1つの異国のように感じました。

各々の観光写真で取り上げられている南国情緒とは異なり、冬に行くことで、特別な佐多岬を味合うことができました。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動