RECOMMEND *

小西玲太朗って何者?今のところクリエイターではない

谷 洋二郎  2014年8月10日

20140810-05-01

画像はKONISHIRYOTARO.comより

小西玲太朗は情報商材屋なのか?

最近すごく興味のある人物に小西玲太朗氏がいる。
実は彼とは、私が2013年にクリエイターEXPOに出展していた際に、会話にもならない程度に言葉を交わしたことがある。

私は彼がグラフィックデザイナーとして、アメブロを行っていた頃を知っている。
その時の印象は、ビジネス感覚のあるグラッフィクデザイナーという印象だ。

自動ツールのようなモノで、メッセージだったか、読者登録だったか、当時、私が運営していた「爆笑ピクト-5秒で読めるおもしろ雑貨的イラスト」のアメブロへ彼のブログから、連絡が来ていた。

現在、「爆笑ピクト-」は、、書籍化、森永のお菓子の景品で全国のミニストップ220店舗でタイアップ、LINEスタンプ公式人気ランキング2位など、アメブロを抜け出し、全国規模で様々な成果を上げることができた。

気付けば、小西玲太朗氏は、与沢翼の元で仕事をしていて、現在は、また独立して、株式会社 K.RTRを運営している。

彼は、自分自身を最近の動画において

デザイナーもやってるし、ミュージシャンもやってるし、ビジネスもやってて、億とか稼いでるから

という風に語っています。

また、twitterでのプロフィールでは

ミュージシャン / クリエイター / 起業家 と様々な顔を持つマルチプレイヤー。4万5千部のメルマガを運営する若き文化人兼ビジョナリスト

という風な紹介をしています。

さて、いろんな顔を持っているように見える小西氏ですが、情報商材屋的な動き以外では、ほとんど仕事の実績が見えません。

私の分かる範囲では…

・情報商材の販売
・メルマガアフィリエイト
・デザインスクール、音楽スクール
・企業向けコンサルティング

といったところでしょう。
以前は、個人向けにアメブロやフェイスブックのヘッダー画像を作っていたようですが、現在はどうなのか分かりません。

また、本人には、詳しいWebデザインのスキル(JQuery,PHPを含めた)はないかと予測されます。

企業向けのコンサルティングなどは、そもそも影武者的な仕事なので、実績を言うことはできない場合も多いですが、クリエイターとしての実績が少なすぎるのが気になります。

スポンサードリンク

クリエイターであれば、個人に向けて、目に見えるモノがあるはず

20140810-05-02

画像はフェイスブック 小西玲太朗 【Officialページ】より

例えば、小西玲太朗 再始動「バーチャル説明会」のランディングページにおいて、

全国CDデビューやカラオケ等にも入っているバンドのボーカル兼コンポーザー(楽曲制作者)
自身のバンドでは、ニコニコ動画にて累計300万再生を記録し注目を浴びた。カラオケにも入り、全国でのCDリリースも果たした。

という風に自身を説明しています。

これって、曲目とかバンド名とか動画のURLって言えないんですかね?
言えない場合は、実績にならないです。

外注で携わっただけでしたら、機密保持契約書などもあります。

ただし、自分が主たるクリエイターとして関わっているのであれば、公表できるはずです。
こうした表現は、一般の方々にとっては、効果的かもしれませんが、同じクリエイターやちょっと勘の鋭い閲覧者からすると、「おやっ?」と不信感を抱かずにはいられません。

そして、彼のセールス手法が、情報業界に多い、過激な表現と煽りの上から目線のランディングページを絡めているから、本当にクリエイターというよりは、情報業界の住人で、情報業界の中においては、クリエティブ色がある人というアバターにならざるを得ません。

こうした「エセ感」をごっそり抜かないことには、YouTubeでアップロードした楽曲もバッド評価が減っていきません。
毎回、彼の動画は、グッドの評価をバッドが抜きそうになり、評価ができない設定に切り替えるということの繰り返しになっています。

それは、彼の音楽の能力を否定しているのではなく、小西氏の動きそのものにおいて、音楽をやることの「気持ち悪さ」というか「居心地の悪さ」がバッドを押させてしまうのかもしれません。

冒頭でも振れたように、2013年に会った際に「自分は情報業界の人間じゃないから」と、小西氏はおっしゃっていました。

確かに違うのかもしれませんが、手法や醸し出す雰囲気は、今のところ、情報業界人っぽさがあります。

今後、莫大な広告費を音楽事業に費やすようなので、そこで爆発的な拡散を起こし、ハイクオリティなコンテンツを世の中に広め、過去の印象が小さなものになるぐらい、ミュージシャンとしての知名度を高めることができれば、クリーンなクリエイターとしての印象に変わるでしょう。

クリエイターが著作者として作ったモノは、たいていは個人へ向けられます。
今、小西は、個人に対して、どんなモノをクリエティブしてきたか、それが社会的にどう評価されたかというモノがありません。

今はYouTube動画しかありません。
そして、そこを今後強めていくということで、とても動きが楽しみです。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動