RECOMMEND *

企業向け経営コンサルタントが自分自身でWebサイトを作り込むべき理由

谷 洋二郎  2015年5月25日

コンサルタント 写真

Webサイトは一人の社員のようなもの

ネット社会は、1つの現実的なマーケットになっています。市場規模も年々拡大しています。

これはWebブラウザやスマートフォンアプリを介して、価値の消費がなされているということです。

会社の商品やサービスがインターネット経由で売れ、インターネット内で決済がなされる。

そう考えると、経営コンサルタントがWebでの経営についてある程度精通する必要があります。

特に、Webサイトを持っている会社は多く、会社経営に影響を与えるであろうWebの知識を持っていなければ、1つの巨大なマーケットについては、ど素人であるということになります。

実際に、多くの企業がWebサイトを有効に活用し切れていないといってよいでしょう。

私の場合、Webサイトは、サービスの集客だけでなく、出版オファー、テレビ出演依頼、テストマーケティング、付加サービスの告知など、あらゆることに活用しています。

Webサイトとはいわば、一人のかげがえのない助っ人です。

会社に置き換えるのであれば、Webサイトは一人の社員のようなものです。

よいWebサイトは会社にとってよい社員であり、悪いWebサイトは会社にとって悪い社員になります。

経営コンサルタントの方は、社員教育などのコンサルティングも行う方もいますね。

Webサイトも立派な社員ですから、Webサイトをしっかりと育成できるコンサルティング能力も、経営コンサルティングに内包されるべきなのです。

アメブロで企業からの正式なオファーは来ない

コンサルタント イメージ

企業向けの経営コンサルティングサービスを提供していて、主要な発信の場がアメブロという方が見受けられます。

企業からサービスのお申し込みをもらうという観点からいえば、アメブロは集客装置として適していません。

アメブロは、B to Cもしくは、C to Cに適しているメディアです。

・信頼性を与える
・お申し込みの導線をスムーズにする
・SEOから自動的にくるアクセスを増やし続ける
・スマートフォンで閲覧しやすくする
・デザインを徹底する
・正しい数字の解析を取得する

など、多くのことを考えた場合、運営するのは、アメブロではなくWebサイトが良いということは言うまでもありません。

ロングテールSEOでビッグクライアントを掴み、悠々自適に生活できる

コンサルタント 写真

経営コンサルタントの良いところは

・顧客単価が高い
・1クライアントでサービスの継続性が高い

ということです。
これは、Webサイトを制作してロングテーSEOで顧客を獲得しやすい2つの特徴でもあります。

顧客単価が高くて、1クライアントの継続性が高ければ、

・サイトのアクセス数が少なくて済む

ということになります。

Webサイトの成約率は1%なので、1日10人が訪問するサイトにすることができれば、1ヶ月300人の訪問で、3人の成約を得られることができます。

1ヶ月3人、つまり、3社からの成約でビジネスが成り立つのであれば、あなたはこれ以上、アクセスアップの施策をする必要がありません。

このサイトも、1日の訪問者が10人以下の時に、3件の成約を獲得し、70万分の制作依頼を得ていました。

正直、Webサイト制作の業界は、ライバルが多いため、自分のように一人で無料集客をする場合は、ライバルを抜くまでが大変だったりします。

豊富な専門知識がサービスにマッチしたターゲットをサイトに連れてくる

コンサルタントのコンサル風景

経営コンサルティングの方に覚えてほしいのは、ロングテールSEOという手法です。

1、これはターゲットとなりうる人たちがが検索エンジンで検索してそうなキーワードを集める。
2、そのキーワードをSEOに最重要なタイトルに入れて、ページやブログ記事を執筆する。

「今日は「経営コンサルティング アパレル」と検索する人に向けて、記事を更新しよう!」という感じで、サイトを運営するだけで、ターゲットがサイトへじわじわアクセスしてくるようになります。

そして、経営コンサルタントの方は、専門職ですよね。
専門職であれば、専門知識や専門スキルがありますよね。

それを検索ニーズと結びつけて記事にすれば、記事は無限に書けるはずです。

あなたのコンサル分野がニッチであれば、それはそれでより濃いターゲットを集めてくることができます。

何度も言いますが、検索でニーズのある単語を使って、ページや記事を作ると言うことが大事になります。

私自身がビジネスコンサルティングを施して、クライアントに感謝される

コンサルタントのイメージ写真

私自身は大々的にやっているわけではありませんが

・Webコンサルティング
・ブログコンサルティング
・LINEスタンプコンサルティング
・企画アドバイス

などの仕事を頂くときに言われることが、よくあります。

それは、ビジネスについてのコンサルティングまで面倒を見てくれるという感想です。

私としては、自分自信で使っているWebサイトのテクニックをお客様に置き換えて、カスタマイズして、計画立てているだけです。

しかも、自分は雑談と意識して行っています。

ただ、なぜ、それをお客様がビジネスコンサルティングだと感激してしまうのか、それは、どんなビジネスも、Webが切り離せなくなってきているからです。

Webの市場を開拓すること、Webサイトを活かすこと、それはビジネスそのものだからです。

だからこそ、経営コンサルタントの方も、自分自身でWebサイトを制作し、豊富な知識をアウトプットし、ちゃんと集客成果を出し、信頼性のサイトを作り込んでいく。

これができると、経営コンサルタントとして、頭一つと言わず、大きく飛び抜けていくでしょう。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動