RECOMMEND *

恋活・婚活のイベント会社がWebサイトを使って集客する方法

谷 洋二郎  2015年5月27日

20150527-06-01

イベントの集客は期日・期限がある

ホームページ・Webサイト制作・運営に携わる中で、イベント系の分野は少しイレギュラーな取り組みが必要だと感じています。

結論から言いますと、Webサイト内でコンテンツを作っていくだけではダメだということです。

私のクライアントのほとんどが、以下の作業をすれば、Webサイトだけで十分に集客することができます。

1、商品やサービスのターゲットを明確にする
2、そのターゲットが検索エンジンで検索するキーワードを探す
3、そのキーワードをお題に専門分野のコンテンツを記事にする

これだけです。これは、コンテンツSEO、ロングテールSEOなどと呼ばれ、良いWebサイトであるという前提のもと、ブログを更新するだけで、集客ができるというものです。

そのかわり、1記事2000字、それを100記事以上が目安です。
ただし、集客効果が出れば、一生といっていいほど効果が続きます。

時間の制約のない物販やサービスの場合はこれで良かったんです。

5月12日、東京東京渋谷区、恋活イベント

というサービスは、期日が決まっています。そして、期限があります。

1日1000人訪問のサイトがあったとして、告知が2週間前であれば、14000人が対象になります。
成約率が1%なので、商品内容がそれのみだった場合は、140人の集客が可能となります。

しかし、この14000人が東京以外の地域の人が多く含まれているはずです。
Googeの解析を使えば、月間でどの地域の人が何人来るのか見ることが出来ますので、集客の見通しを立てられます。

イベントという商品はソーシャルメディアと非常に相性が良い

20150527-06-02

実は、恋活とか婚活のイベントは、ソーシャルメディアで集客のきっかけを作りやすい分野です。

ここで大事なのが、集客のきっかけです。
集客が完結するわけではありません。

何が言いたいかというと、ソーシャルメディアはきっかけとしては効果大ですが、成約までを獲得する道具としては使えないということです。

・ソーシャルメディアできっかけ
・Webサイト(ホームページ)で成約

これが一番大事になります。

twitterであれば、無理やりフォロワーを集める必要がありません。
参加した方に、フォローをさせるような仕組みを作りましょう。
フォローしたら、参加費100円引きとか、男性が女性を1人指名できるだとか何でもいいのです。
フォロワーは少なくても、濃いターゲットだけを集めることが大事です。

フェイスブックであれば、フェイスブックページのいいねがあるでしょう。
また、フェイスブックでイベントを立てることもできます。

イベントの詳細など、申込みたいと思わせるには、Webサイトでの訴求が一番便利ですが…
フェイスブックページ→フェイスブックイベントページ→Webサイト→フェイスブックイベントページ
という流れでも良いでしょう。

なぜなら、フェイスブックユーザが友人と一緒に参加する際に、友人へのクチコミがしやすく、参加も手軽にしやすいからです。
しかし、情報の経路として、Webサイトは必須です。

twitterでも、140文字と画像だけでは、成約できないため、詳細としてのWebサイトが必要になります。

twitterでの情報が拡散されることが目的ではなく、参加者から集めたフォロワーが、情報を閲覧し、リピーターになったり、友達へ紹介したりという流れが大事になります。

スポンサードリンク

大学や自治体の掲示板からWebサイト

20150527-06-03

恋活・婚活のイベントは、リアルな場所というのも非常に友好的です。
その一つが大学や自治体の掲示板です。

掲示板に貼るのは、チラシ・ビラですね。
おそらくA4サイズでしょう。

そのチラシはデザイン的に優れていなくても大丈夫です。
なぜなら、イベントは期日も内容も、変化していくので、デザインを発注していると、コストがかさんでしまいます。

ワードで手軽に作ったもので構いません。
その際に、

・イベント名、日時、ターゲット、コンセプト、場所などは明確に載せる
・イベント時の写真を大きく入れる
・主催者の想い、参加者の声を入れる
・連絡先を入れる
・WebサイトのQRコード、URLを入れる
・ソーシャルメディアの情報を入れる

これだけをバランスよく配置すれば、効果のあるものになるでしょう。

そのビラをみて、申し込む人も多いでしょう。
ただし、狙いとしては、Webサイトを覗いてもらうということが大事です。

Webサイトを覗いて、ブックマークをしたり、会社やイベントの屋号を覚えてもらえれば、サイトのリピータになり、チラシに掲載されている日程がNGでも、次のイベントで顧客になってくれる可能性があります。

ブログ記事はリピーターを増やすコンテンツになる

20150527-06-04

WebサイトによるコンテンツSEO、ロングテールSEOの一番の良い点は、

・自動的にターゲットを呼び込める
・毎月一定の量を数年~数十年間見込める
・無料である

ということです。なので、きちんと運営していれば、最終的にはWebサイトでブログを週一とか、月一とか更新するだけで、安定した集客を図ることができます。

ブログにする内容は…東京の婚活イベント会社の場合は…

・東京新宿やっているおしゃれな男女交流イベント7選
・イベント参加者の声-20代東京の女子大学生Aさんの場合
・合コンで彼女をゲットするための3つのセリフ

みたいな感じです。ターゲット(潜在顧客)が楽しめて、ためになる情報です。

上記の場合は、検索エンジンで

・東京 新宿 おしゃれ イベント
・東京 イベント 女子大生 参加
・合コン 彼女 ゲット

などの複合ワードで検索した人へ向けて、検索結果に上位表示され、サイトへ誘導するための記事です。
そして、記事のコンテンツの質が高ければ、サービスに興味を持ってくれるだけでなく、そのサイトのファンになってくれます。

すると、サイトのリピーターになるだけでなく、顧客となり、口コミ発信からソーシャル拡散までしてくれるようになります。

以上、今回は、簡単にですが、恋活・婚活のイベント会社がWebサイトを使って集客する方法について述べさせて頂きました!

私は、Webサイト制作だけでなく、コンテンツの企画、情報設計、アイデアのアドバイス、集客コンサルティングなどもやっていますので、気になる方は、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動