RECOMMEND *

劇的に生まれ変わるwebサイトのデザイン制作依頼

谷 洋二郎  2015年6月2日

20150602-02-01

絶対に作り置きを依頼しないこと

一番重要なのはWebサイトが資産化することです。

私がWebサイトをデザインするときに気を付けているのは、私の手を離れてから、お客様自身でWebサイトをどんどん作りこめるということです。

そして、お客様が作り込む部分は、ブログの部分になります。
私がデザインしたWebサイトに、お客様が更新するブログが融合し、集客などの目的を実現していきます。

デザイナーが作ったWebサイトを作り置きしても意味がないのは、ページ数が増えなければ、アクセスが増えないためです。
数十、数百ページの更新をデザイナーに頼んだらとんでもない額になります。
しかも、ブログは初心者でも、簡単にスタイリッシュに見せる方法があり、デザイナーに頼むまでもありません。
ちょっとだけSEOの知識を取り入れ、集客したいターゲットが好む情報を、楽しく更新するだけです。

しかしながら、その「更新ができないサイト」を作っちゃうWebデザイナーもいます。
例えば、お客様が「ランディングページ(縦長1ページもの)」をデザイナーに依頼したとします。

何も考えていないデザイナーは、さっそくランディングページを作ってしまいます。

ただ、待って下さい。ヒアリングの内容次第では、更新型のブログ付きWebサイトにした方が、成果が上がるものもあります。
ランディングページは、ある程度のアクセスが見込める場合にのみ、成果が期待できます。

メルマガ読者に対して、ランディングページへ誘導する場合がそうでしょう。
メディアがない場合は、有料のリスティング広告を利用し、アクセスを確保します。

そこで、Webデザイン制作を依頼する際は、デザイナーにヒアリング能力があるかどうかが重要になります。
最も理想的なのは、ヒアリング能力があり、多くの事例を経験したノウハウから、提案力に長けたデザイナーと言えるでしょう。

Webサイトのデザインを構成する5つの要素

Webデザイナーにとって、Webサイトのデザインは出来て当たり前です。
そもそも「Web制作のデザイン」とは「デザイン」のみではなく…

1、デザイン
2、テキスト
3、システム
4、コンサル
5、マネジメント

の5つの要素が暗に含まれています。

デザイナーがどの要素をどれぐらい体現できるのかは、依頼先によってかなり違ってきます。
5つの要素がすべて高いデザイナーは、多くのケースに対応できますが、制作費用は高いはずです。

それぐらい5つの要素に特化するということは難しいことなのです。
あなたが捨てるべき点、こだわるべき点を考え、依頼をするようにしましょう。

そこで、5つの要素を解説していきたいと思います。

1、デザイン

20150602-02-03

Webサイトの見た目のことです。
ほとんどの依頼主は、トップページのみに焦点を当てますが、検索エンジンからの流入を考えると、他のページからのアクセスの方が圧倒的に増える場合もあります。

目的に向けて、どのようなデザインにするのかに焦点を当てましょう。
また、表現したいブランドイメージをデザインできる依頼先なのか、しっかり判断しましょう。

2、テキスト

20150602-02-04

以外に見通しがちな要素がテキストになります。
Webデザインとは、テキストと表裏一体です。

テキストとは、伝えたい内容です。
あなたが、どんな内容を伝えたいかによって、デザインは変わってきます。

依頼先によっては、貰った資料を自発的に編集し、分かり易い情報を無償で作ってくれるところもあります。
一方で、完全に文章をお客が用意したり、1文字につき執筆料が発生するところもあります。

できれば、Webサイトで反響を作るための文章術を持ったデザイナーに依頼しましょう。
書くことが苦手なクライアントは、お金を払ってでも文章は作ってもらうべきです。

集客では、テキストが一番大切な要素になります。

3、システム

20150602-02-05

システムとは、Webサイトにプラスをもたらしてくれる仕組みのことです。

例えば、塾のサイトで講師紹介のページがあったとしましょう。
講師は定期的に入ったり、辞めたりするため、できることなら、塾側で更新できるのがベストです。
しかしながら、デザイナーが単にデザインし、テキストを入れたサイトでは、それが不可能なのです。

管理画面で、講師の名前を入力し、講師の写真をアップするだけで、サイトに勝手に反映される仕組みが必要です。

多くの仕組みがあれば、納品されたサイトを、自分自身で更新することができます。
いちいち変更をデザイナーに頼む必要もなければ、変更に対する作業代も発生しません。

あなたがWebサイトで実現したいことを理解し、あなたに合ったシステムを作れるデザイナーを選ぶことは、「数十年一人で使えるWebサイト」を持つことに繋がります。

4、コンサル

20150602-02-06

キレイなWebサイトを作ることだけが目的であれば、この要素は必要ないかもしれません。
ただし、多くの方が、目的、特に集客のためにWebサイト制作を依頼します。

そこで重要なのが、Webサイトを成功に導くノウハウと提案力です。
ただし、デザイナーによっては、得意とするジャンルとそうでないジャンルがあります。

弊社たにちゃんねるのケースで言うと、有料広告を使った集客のノウハウはありませんが、数か月間掛けて、無料で集客できるWebメディアを作るノウハウはあります。

5、マネジメント

20150602-02-07

Webサイト制作が終わった後の保守・運用です。
月額で料金を支払って、サイトを管理する会社やデザイナーが一般的です。

しかしながら、高い更新料を払わなければならない業者も存在します。
弊社たにちゃんねるの場合は、ドメインとサーバーをお客様で管理して頂くため、マネジメント費用などはありません。

サーバーとドメインを管理するぐらいであれば、かなり簡単です。
画像を毎月何枚も差し替えたりするようなことがなければ、更新料が発生しない依頼先がおススメです。

ブログなどのシステムを作りこめるデザイナーであれば、お客様が一人でマネジメントができるようにサイトを納品してくれます。

あなたの視点が変われば、劇的に生まれ変わるwebサイトが依頼できます

以上、劇的に生まれ変わるwebサイトのデザイン制作依頼について説明していきました。
良いWebサイトを作るための能力というのは、かなりの要素が必要になってきます。
それだけに依頼先によって、能力に差が出てしまいます。

ですから、あなたに合った依頼先を選ぶことは、簡単なことではありません。
選ぶのが面倒くさいのであれば、弊社を選びましょう(笑)

全てにおいてバランスよく、その割には料金も高くないという総合力があります。
特に、個人の方でしっかりとしたサイトを作りたいと考え、予算が20万~30万であれば、弊社はかなりマッチするでしょう。

話は逸れましたが、Webサイトのデザイン制作依頼とは、思った以上に複雑なものなのです。

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動