RECOMMEND *

変わりゆく大手企業で働くメリットとデメリット

tani-channel-com  2018年1月10日

2018-033-00

大手企業で働くメリットとデメリットとは?

大手企業で働くメリットは、アンケート結果から見ていきましょう。
まずは、マイナビ転職が1年以内に転職経験のある全国の男女20~39歳を対象にインターネット調査した結果です。

<割合が高かった大手企業で働くメリット>
福利厚生 41%
ネームバリューや社会的信用 40%
給与(ボーナス・昇給を含む) 35%
労働時間・給与制度 28%
※回答数200
従業員1,000人以上を大手企業、99人以下の会社を中小企業として集計

続いて、派遣、人材派遣のお仕事・求人情報のWebサービスを展開する『はたらこねっと』が行ったアンケートでは、大手企業で働くメリットは、以下のようになっています。

Q 大企業だからこそ良かったと思う事は何ですか?
世間体・ネームバリュー 10.8%
ルールや仕組みがきちんと決まっている 8.7%
充実した福利厚生 7.8%
コンプライアンスがしっかりしている 7.6%
オフィスがキレイ 7.4%
有給が取りやすい 6.8%
社員研修が行き届いている 5.6%
サービス残業がない 4.5%
※有効回答数785

要約すれば、大企業は大所帯なので、大所帯をまとめるには、制度が必要です。その結果、制度が整う。
・豊富で手厚い福利厚生
・確実な残業代
・取りやすい有給
・しっかりしたコンプライアンス
・行き届いた社員研修
・十分な退職金・企業年金

が大きなメリットになります。大企業は大所帯が故に「代わりが利く」ような仕組みができ、その仕組みがメリットもデメリットも生むわけです。

大企業の危機:ネームバリューと福利厚生は保たれ続けるの?

2018-033-01
世の中は、複雑・高度・多様・変化の激しいの4重の要素が絡み合って、企業は常に新しい風に対応していかなければならない時代になりました。
神戸製鋼、東芝、シャープ、ソニーなど、大手企業の危ない話は、時折報道を賑わせていますよね。
大きな企業は、複雑で高度で多様で変化の激しい時代に、大きく上昇しすければ、大きく傾きもやすい。その企業で歯車として上手くこなすだけの仕事をやり続けていると、大手企業が倒産した際に、転職先で、まったく歯が立たないという可能性もあります。
大企業に余裕がなければ、当然、大企業のメリットであった制度面もキツくなっていき、大きなメリットにならなくなっていく可能性があります。
たった1つのミスで急激に業績が傾けば、そのニュースのインパクトが強いブランド降下をもたらし、ネームバリューも一気に落ちていきます。
大手企業のネームバリューと福利厚生という強みは、これまでのように安定的なものでないことを頭に入れておく必要があります。

大企業でしか体験できないことが多いのが大手企業のメリット

2018-033-05
大手企業を一度経験しておくのはとても良いことでしょう。結局、「複雑・高度・多様・変化の激しい時代」を生き抜くのは、自分次第なんです。
大手企業に入ろうが、中小企業に入ろうが、転職を繰り返そうが、個人事業主になろうが、起業して会社を作ろうが、時代に合わせて、その時の自分が考えながら行動するしかありません。大企業は大企業でしかできない壮大な仕事に携われます。
・規模の大きな仕事ができる
・質の高い人脈を築ける
・歯車で良いならストレスもない
・1つの役割を深堀りできる
・雑務に追われにくい

後に独立を考えている人は、他の大手企業と関わるクライアントワークが多い職に付けば、独立した際に既に質の高い人脈を構築できており、一気に成功する基盤を作ることができます。

大手企業で働くデメリット

2018-033-04
大手企業は大所帯なので、比較尺度がその分、大きく多く広範囲に渡ります。
・出世競争が激しい
・社員の序列がつきやすい
・多くの後輩と競い続ける
・決済までが長い
・古い体質がストレスになりやすい

この点が大きなストレスになる人もいるでしょう。独りで働いて、いろんな世界へ飛び込んで思うのは、大企業と言えど、所詮は小さな世界の競争です。
世の中にはいろんな価値尺度があり、大手企業で通用しなくても、別の世界で、社会人として大きく羽ばたき、大手企業に居た時よりも、稼いで、自己肯定感を得られて、他人からも愛されるような場所はあるものです。

大手企業に入るチャンスはそうそうない

2018-033-03
例えば、私が思うのは、新卒一括採用で一生懸命就活するなら、大手企業を狙うべきだと感じています。

新卒の特権の一番の恩恵が大手企業へチャレンジする機会を得られまくること

だからです。ちなみに、私は働くこと自体に興味がなかったので、就活は数社にエントリーして、最初に決まったところに入りました。新卒入社後8ヶ月で辞め、専門学校に入り直してそこも中退、ベンチャー企業に入ってそこも1年で辞めて独立。それから、今では会社を作って、自由に仕事をしています。
参考:『専業主婦になりたいと思っていたやる気ゼロの大学生が、ブラック企業で心を入れ替え、爆速で独立、会社を作って割とウマくいった話。』

大企業の一番のデメリット:時代と相反する=安泰ではない

2018-033-02
以前に『CIAの「組織をダメにするマニュアル」が話題。内容が日本企業の体制そのもの!?』といったような記事が拡散されました。
CIAが第二次世界大戦時に作った資料に、「敵国の企業の潰し方なる」マニュアルがあります。敵国の企業に入って、以下のような行動を取れば、企業はダメになっていくというものです。

<会社をダメにする11の行動様式>
・「注意深さ」を促す。スピーディーに物事を進めると先々問題が発生するので賢明な判断をすべき、と「道理をわきまえた人」の振りをする
・可能な限り案件は委員会で検討。委員会はなるべく大きくすることとする。最低でも5人以上
・何事も指揮命令系統を厳格に守る。意思決定を早めるための「抜け道」を決して許さない
・会社内での組織的位置付けにこだわる。これからしようとすることが、本当に・その組織の権限内なのか、より上層部の決断を仰がなくてよいのか、といった・疑問点を常に指摘する
・前回の会議で決まったことを蒸し返して再討議を促す
・文書は細かな言葉尻にこだわる
・重要でないものの完璧な仕上がりにこだわる
・重要な業務があっても会議を実施する
・なるべくペーパーワークを増やす
・業務の承認手続きをなるべく複雑にする。一人で承認できる事項でも3人の承認を必須にする
・全ての規則を厳格に適用する

これって大企業に当てはまりますよね。スパイがいなくても、外国から見ても企業がダメになる体質だと言えるわけです。
複雑・高度・多様・変化の激しい時代には、多くの人間が創造的で独立的に臨機応変に対応することが求められるのは言うまでもありません。
大手企業の企業体質と時代の流れとのマッチングを見ていくことも大事です。

大手企業にあまり感じることができないメリット

2018-033-06
マイナビ転職が1年以内に転職経験のある全国の男女20~39歳を対象にインターネット調査した結果で、冒頭に挙げたのか、

<割合が高かった大手企業で働くメリット>
福利厚生 41%
ネームバリューや社会的信用 40%
給与(ボーナス・昇給を含む) 35%
労働時間・給与制度 28%
※回答数200
従業員1,000人以上を大手企業、99人以下の会社を中小企業として集計

この結果ですが、上記の数字でと比較して、同アンケートで割合が低かった大手企業で働くメリットを以下に挙げていきます。

<割合が低かった大手企業で働くメリット>
人間関係 14%
仕事内容 14%
社風、企業文化 12%
人事制度(評価・昇進・研修など)11%
業務量 9%
※回答数200
従業員1,000人以上を大手企業、99人以下の会社を中小企業として集計

要は「人間関係」「仕事内容」「社風・企業文化」「人事制度」「業務量」にはあまりメリットを感じられないという結果です。人事制度は、「大手ならではの大移動転勤族」などによる不満もあるでしょう。
しかしながら、ストレスフルな時代に、「人間関係」「仕事内容」「社風・企業文化」にメリットを感じられないのはとてもツラいのではないかと思います。
仕事内容が楽しくて、人間関係が良好であれば、賃金がそこまで高くなくて、福利厚生が恵まれていなくて、ネームバリューがなくても、かなりの幸福感と充実感を得られるからです。
中小企業は少数精鋭なので、「代わりが利かない」からこのそメリットとデメリットが生まれます。例えば、中小企業は「総合力を求められる」のもそうでしょう。中小企業は「タチの悪いワンマン経営に当たったら悲惨」なのもそうでしょう。

結論:企業は雇われる場所でなく、使い回す場所

大手企業のメリットとデメリットにしたって、実際に勤める先によって、色々な違いがあります。私たちは、「企業に雇われる、雇ってもらう」という感覚が強いかもしれませんし、それはそれで正解の一つと言えます。
ただし、自分が幸福になるために企業を使い回すことも正解の一つです。
企業に貢献しながら、その企業を踏み台にする。

企業の歯車になりながら、結果的には、その企業で働くことが長期的な幸福の歯車にする

どんな場所で働くときも、この感覚が割と大事だったりします。特に素直で素敵な人ほど、この感覚を持ってみると良いでしょう。

<参考資料>
・「CIA Featured Story Archive」
・「【就活】大企業に内定するメリット、デメリットを各10個ずつ説明 – 永遠の大学生になるために」
・「転職経験者が語る! 大手企業と中小企業の違いとメリット・デメリット|マイナビ転職」
・「大企業と中小企業、どっちが幸せ?働く人に聞いてみた|ダイヤモンドオンライン」
・「「大企業vs中小企業」働くならあなたはどっち?|みんなの声レポート |はたらこねっと」
・「大企業で働くメリット・デメリット全30個を徹底研究」
・「大企業で働くメリット・デメリット全30個を徹底研究」
・「労働生産性、日本はG7最下位 – OECD平均も下回る|マイナビニュース」

(END) Thanks for reading!

面白歌ネタ系J-POPになっています!宜しければ、ご視聴よろしくお願いします!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動