News 注目情報
  • キンドルで販売した『目の保養本』が新着総合1位を獲得しました。

  • プロデュース本パロディ本『ブランド人になるな』がSNSバズでヒットしました!

  • 2016年、SEIYUの衣料コーナーで爆笑ピクトコラボTシャツが販売されました!

  • 2014年LINEスタンプ第2位!10万ダウンロード突破しました!

女性は誰でも幸せになれる

DV男、ダメ男ループは、二つの「なぜ?」を知るところから

付き合う男性、付き合う男性に「問題アリ」な女性、それはもちろん、あなたに問題があることの何よりの「証拠」です。
刺激を多く求める現代、覚悟が少なくて済む時代だからこそ、「よりよい異性を選ぶ」ことにフォーカスしてしまいがちですが、ぶっちゃけ、「運命共同体」として覚悟を決めて、1つ1つの感覚に徹していれば、「どんな異性」でも、ちゃんと好きになって、楽しい恋と生活を送れるというのが持論です。
要は、持ってるポテンシャル、向き合っている人生に対して、求めている「異性のレベル」が噛み合ってないんです。
特に女性の場合は、美容・ファッションなどに投資して女を磨いている感覚がありますが、男性からしてみれば、キレイ・カワイイ女性自体は、もう見慣れてしまっている感じもあります。
今回は「DV男・ダメ男」に引っかからないコツですが、これには2点押さえるべきポイントがあります。
1.女性自身がなぜ「DV男、ダメ男」ばかりと付き合ってしまうのか?
2.なぜ、「DV男、ダメ男」は、そういった男性になってしまうのか?
この2つが分かりさえすれば、女性の恋愛は確実に向上します。
上記の2つのことを客観視した上で、それでも「DV男、ダメ男」が好きだというのなら、それはホンモノです。
では、さっそく本題に入りましょう。

DV男、ダメ男ループは、あなたが好んでいないようで、好んでしまっているから、連鎖してしまう

不幸に自分から飛び込んでいってしまっている
不幸が似合う女性って居ます。むしろ、不幸が好きな女性ですね。
よく「悲劇のヒロインを演じたがる」って言葉ありますが、「不幸」というのが刺激になってしまっているんです。
これは、人間の「慣性」みたいなモノです。
慣性とは、物理用語で、「物体に力が働かないときあるいは力が釣り合っているとき、 物体はその運動状態を保とうとする」ということです。
要は、不幸の現状維持を保とうとする心理的・行動的な力が人間にも働いてしまうってことです。
この部分は、男女問わず、あらゆる人間の分野の共通点かもしれません。
でも、なんで「不幸を維持したがるのか?」ってことですよね。
ここも2つ理由があって…
・幸せ慣れしていない
・ネガティブが自分に似合うと思ってしまっている
というところですね。
女性なので、分かりやすくいうと、ショップに行って、服を選ぶときに、もう既に「自分の似合うものがこれだ!」って決めきっていて、それ以外は目もくれず、気づけば、同系統の服ばかりを買っているようなモノですね。
服にはTPOもありますし、サイズがしっかりとあっていれば、後は体型の弱点などの兼ね合いがあったとしても、多くの種類のスタイルを着こなすことは可能です。
これは「男選び」でも同じことが言えて、あなた自身が選んでいるように見えて、実は絞っている、そして、その絞った的が社会的に見たら最悪なんてことになっていると、悪い男にずっとハマってしまいます。
慣性が働いているんで、力を加えるときには、それなりの苦痛と労力が付いてきます。
しかし、それも最初だけです。

いろんな男性とフィットするかどうか実際に試す機会は、今の日本では沢山用意されています。

恋愛の慣性のフックを外す訓練が必要
婚活パーティー・恋活パーティー・街コンなど、割と社会的にも認められているので行きやすいでしょう。
本気の相手を探しに行くのではなく、多くの男性を選択の余地として入れ込む練習をすると良いでしょう。
そうやって繰り返していく中で、あなたは「本当に正確な的」を作ることが出来ます。
その段階まできて、ようやく絞っていくって感じがベストなんです。
2つ目の「ネガティブが自分に似合うと思ってしまっている」というのも、ファッションと同じですね。
それは似合っているんじゃなくて、慣れているだけです。
人は慣れているところが居心地がいいんです。何も考えなくていいし、慣れている分、自然体なので。
でも、その慣れている場所が、本当のあなたにフィットしていなかったり、あなた自身の本来の魅力と釣り合っていなかったりってことも考えなければなりません。
自然体で居られるし、慣れているけど、辛くて、不幸な場所や相手というのは、世の中に沢山居ます。
そことうまく向き合う力量を本気で備えにいく覚悟があれば、それは素晴らしい女性になります。
そして、その力量を備えたあとに、DV男やダメ男じゃなく、違う男性と接するようにしてみて下さい。
お互いにマッシュアップ出来るパートナーと巡り会えるハズです。
それほどまでに、女性として魅力が上がっているということなので、
・その魅力を「釣り合わない人に注いで、その人を引き上げるのか」
・その魅力を「釣り合う人に注いで、お互いに高めっていくのか」
・その魅力を「自分よりもさらに高い次元の異性に注いで、自分が付いていくのか」
どれも自由です。
根本的な話になってしまいますが、「視野」と「努力」があれば、幸せの選択性が増えます。
不幸を選びやすい選択性があったとしても、努力と視野で徐々に変えていけます。
DV男やダメ男が好きだった性格も、本当かどうか分かってきます。

女磨きとは何なのか?

付き合う男性そもそも、本当に見えてますか?
男性に好かれたいから、女性は女磨きをしている訳じゃないと思います。
女性が女性に好かれる「女の魅力」と男性が女性を好きになる「女の魅力」は違います。
料理教室1つにしても、習う料理の内容で、男性からしてみれば「そんなに時間かけて、小綺麗なモノは望んでないし」っていう料理を習ってきて、モテるという観点からの女子力アップっていうことではないってことです。
それは女子どうしでホームパーティをするときに絶賛される料理のメニューではあっても、男性を惹きつけるための料理ではないということです。
よっと偏った例えです。本来は、好きになった男性にフォーカスして、その人にとっての魅力を理解し、女性として磨いていくことが大切なんで、男性全般っていうテイで料理教室を上げたのは、あくまで例えです。
服にしても、女性が女性を可愛いと思う服と、男性が女性に魅力を感じる服は違います。
ご自身の恋愛遍歴を振り返って、ひどい別れや心が思いっきり通えていなかったり、そういったことが多い方は、一度、あなたに働いている「恋愛の慣性」を再考してみるとよいでしょう。
決め切った揺るがない好み・こうあるべきという考えなどは、「強い慣性の法則」が働いている可能性があるかもしれません。
そして、その常識をシフトチェンジするだけで、遮断していた情報が入り込む、行動が変わり、出会いが変わり、付き合う男性が変わり、女としての人生が変わるということが一気に起こってくる女性も居るハズです。

恋愛成就なら『アイノコトバ』

アイノコトバ 書籍
ということで、恋愛成就になるような恋サプリ本として絵本詩集『アイノコトバ』をリリースしています。
誕生日や記念日に女友達にあげるギフトブックとして活用できます。
ぜひ、アマゾンよりご購入下さい。
ご購入はこちら

サイト著者について

*

Yojiro Tani

谷 洋二郎

クリエイター、個人経営者

ヒアリング、カウンセリング、コーチング、コンサルティング、ディレクション、インタビューなど、あらゆる形態のコミュニケーションに長け、企業や個人向けにデザイン、ライティング、マーケティングの3つの能力でサービスを提供。自ら制作したLINEスタンプ「爆笑ピクト」は、クリエイターズスタンプ全国2位、10万ダウンロードを突破。Amazonで販売した『目の保養本』は新着総合1位、個人出版で1日10万円の印税を叩き出す。心理学・脳科学・成功科学などを独自の見地で研究。不安定で多様な場所へ繰り出すクリエイターという職業を通じ、日々、様々な知見やスキルに向き合い、ノウハウ化に努めている。

(END) Thanks for reading!

LINEスタンプ
10万DL
人気2位
LINE Award
ノミネート
ヴィレバン
全国グッズ化
森永製菓
ミニストップ
コラボ多数
面白ネタ本
絵本詩集
ビジネス書等
多ジャンルの
書籍を出版
株式会社設立
代表取締役に
個人事務所
一人きりで
日々奮闘中
仕事・職業は
Web制作
著者
ライター
クリエイター
出身は宮崎
大学は長崎
熊本を経由し
福岡と東京で
主に活動