News 注目情報
  • キンドルで販売した『目の保養本』が新着総合1位を獲得しました。

  • プロデュース本パロディ本『ブランド人になるな』がSNSバズでヒットしました!

  • 2016年、SEIYUの衣料コーナーで爆笑ピクトコラボTシャツが販売されました!

  • 2014年LINEスタンプ第2位!10万ダウンロード突破しました!

クリエイティブスキル

Webデザイナーはやめとけ:Webデザイナーを辞めるべき理由

そもそも論:Webデザイナーのホワイト企業など存在するのか? Webデザイナーと一口に言っても、その定義は千差万別。そこで、まず、皆さんに考えて欲しいのが、 企業勤めでWebデザイナーをするとして、どれくらいの給料でどんな労働形態なら、働きたいと思いますか? この答えを満たす企業が、ホワイト企...

続きを読む

稼げるイラストレイターは●●に強い

イラストレイターバブルという意見とイラストレイタープアという意見 イラストレイターを凄く簡単に言えば、イラストを作って飯を食っている人。 私がクリエイターとして色んな業界の方と仕事をしながら感じているのは「イラストレイターバブル」だなということ。 ここで言うイラストレイターバブルとは、「イラス...

続きを読む

驚愕!印税51%で書籍を出版する方法

本当に面白いと思ったら、この手法で本を出版することをオススメします 私はこれまでネタ本『爆笑ピクト-5秒で読めるおもしろ雑貨的イラスト』、絵本詩集『アイノコトバ』を自社の出版社たにちゃんねるから出版しました。執筆、編集、デザイン、装丁などをすべて自分で行い、コストは印刷費用のみ。印税はもちろん10...

続きを読む

調べれば、メシは食える。調べる力が与えてくるものとは?

親切でコアな情報は辿り着ける時代になってきた 最近思うことは、「調べる力」で、人生は大きく変わるということ。 また、変えられるということ。 タイミングや運をモノにする人は、あえて「調べない」ということが有効に働く。 どうやら「調べる」という行動は、「努力」の一種のようだ。 例えば… 「こ...

続きを読む

クリエイターEXPOで感じたこと。これからは、メディア・ブランド・コンテンツ、3つを自分で高める時代

東京国際ブックフェア等と同時開催!400人のクリエイターがブースに出展し、出版社、メーカー、広告代理店などと商談を行う 2012年7月4日~6日、東京にて、「クリエイターEXPO」というモノに出展した。 クリエイターの集いで、最も有名なのは、「東京デザインフェスタ」だろうが、明らかに違うのは、ク...

続きを読む